スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#72 深夜の事件~バルセロナ(スペイン)

 
Barcelona / SPAIN
- - - - - - - - - - - - - - -

とにかくいろんな事が起きるんだ、

ここスペインのバルセロナでは。



なんだか楽しいバルセロナ。

しかし、当初空室がなかなか見つからず、

7日間の滞在で、空室を探して2回宿替えしていた。



そしてここがその3軒目の滞在宿。

空室を求めてきた割には、6人男女MIXドミで、客はうちらだけ。

らっきー。 ツインプライベートと一緒じゃん。



ドミの多くは2段ベッド。

上らなきゃならない2段目より、1段目の方が楽。

たいていは、うちらで1段目と2段目を確保するんだけど、

今回、広いドミで客も他にいないので、

1段目を2つ使って寝泊まりしていた。



IMG_9542_360b.jpg 



この部屋を出ると、廊下が一直線に伸び、ドミトリーの部屋が並ぶ。

この部屋の隣は、男性用のシャワールーム。

部屋の壁は薄く、隣の部屋の出入りの音とか全部聞こえる。



ドミに泊まる時、毎度用意している習慣がある。

それは各自枕元に、自分のヘッドライトか、

懐中電灯を持参してること。

夜中にトイレに起きても、部屋の明かりをつけずに済む様にだ。




- - - - -


この安宿に来て、3泊目の夜。


さて、夜11時頃、部屋には僕らだけだし、

そろそろ寝っかー。 と部屋の明かりを消して就寝。


明かりを消して、ベッドに入って寝た。



5分くらい経って、

誰かが隣の男性用シャワー室に入ったらしい。

シャワーの音が始まった。


何分か立ち、シャワーの音はまだ続いていた。



さらに何分か立ち、まだシャワー浴びてる。



なげーよ。





壁が薄すぎて、まるですぐそこでシャワー浴びてるよう。





明かりを消した暗闇で、 ひとつ気づく。



シャワーの音が止まらず、水の出方が一定すぎる。



もしや・・・



誰かシャワー室で倒れたのか????



「なんか、音おかしくない?」



暗闇の中でアキが言う。



おれはそっと、自分のヘッドライトをつけてドアの方へ向けた。




ドアを照らす。 耳をすます。 



シャワーは続く。



音以外、異常なし。



床を照らす。



異常なし。



床を照らした明かりが揺れている。



異常なし。



ん、明かりが揺れている???



異常あり!!

水面に光が揺れている!!




この時点で、部屋が5cm水没!!



ここ、ビルの4階なんですけどー!!




気づけば、部屋は海。



部屋の明かりをつけようとしたが、



既に部屋は停電。



ヘッドライトでドアを照らして、じゃばじゃば水の中を。

部屋のドアを開けると、 廊下はまだ明かりがついていた。



そして、シャワー室の音の正体は、

僕らが目撃したのは・・・





シャワー室には最初から誰もおらず・・・



天井の水道管が破裂して、


シャワー室の天井から、ひっきりなしに


水が流れ落ちているさまだった!!




IMG_9993_360.jpg 



流れ続けた水は、もともと傾いているビルの

われらのドミへ一直線!  流れ込んでいた。



見れば、宿のスタッフが既にバケツを持って

右往左往しているではないか!!



早くおれらに知らせんかい!!




IMG_9991_360.jpg 




まずは、うちらの荷物の救出。


おれは荷物の全てを高さのあるロッカーに


つっこんでいたが、


アキは、床置きしていたので、 荷物の下、数cmが水没。


幸いにもパソコンを含めた電子機器類は、 水没を免れた。




水の流れは、こちらのドミの部屋に偏っており、



みるみるうちに水位が上昇。


10cmは越え、


おれのビーサンもプカプカ浮いて


流れていこうとしている!



とりあえず廊下の反対端へ避難。


避難の途中で、ドミの天井からも水が滴り始めた。


やがて、ドミの天井から、雨は降り出し豪雨となった。


間一髪というか、 一部アウト。




ひとつ下の階の、3階を見に行くと、


3階の天井から既に水が滴り、床も海。


さらに水はどこかへ流れている様子。



ヨーロッパは建物自体が古い。


これは珍しいことではないのか、どうなのか。。


数時間して、水は勝手に止まった。


被害を受けていない代替の部屋を用意してもらい、


その日は寝るしかないので、ひとまず就寝。
 



- - - -



翌朝、朝食付きなので、宿のパブリックスペースで
 
朝食を食べていると、


宿のオーナーがやってきて、

「 昨夜は申し訳なかった。」

と、挨拶に来た。


次にスタッフが来て、

「 濡れてしまったランドリーはこちらで

 洗って乾かして返します 」


そうですか、ありがとうございます。

ということで、


我々としては、被害は、

服が濡れただけ・・・


ではない!!!



バッグの下部が水没したことで、

衣類が濡れたのはもちろんの事、

現金、書類、財布、持ち物が濡れた。

昨夜、それぞれを吊るして、乾かし続けていた。


だが、一番被害が大きかったのは、アキの皮財布。



水にぐっちょり半分だけ濡れて、

水の跡の染みができ、ムラになってしまった。

ぐ、、、2万円以上したやつ・・・・



これはちょっと見逃せない。


NOと言わない日本人。


文句を言わない日本人。


そこから脱さない限り、


NOと言えない日本人。



ということで、こちらの姿勢は、


「 財布の弁償 」


を取り付けたい、主張を固めた。



それ以外の、

現金が濡れたとか、服が汚れたとか、

洗ったり乾かしたりすれば元に戻せるものは、

あえて主張しないことにした。

財布の弁償に話題を集中させる。



ネットで裏づけとなる値段を調べ、

正統なレートでユーロに変換し、 財布の弁償代として、

200ユーロをオーナーに請求することにした。

それも、この場で現金で欲しい。




ひとつ難しい点は、財布が財布として機能していること。

損害は、外見の染みのムラだけ。

しかし、知っての通り、皮製品は、

ムラに染みれば、もう元には戻せない。

機能するから被害なし。 というものではない。


実質2万円以上の財布が千円になってしまったようなもの。



そして改めて財布の被害をスタッフへ伝え、

オーナーからの回答を半日待った。




そして、オーナーからは、

「 保険金が降りるのは、4ヵ月後。 

  メールアドレスを置いていってくれ。 

  また連絡する 」



僕らは今ここで現金で欲しい。

後ほど振込みます。では、

国をいずれ離れる旅行者にとって、

もし振り込まれなかったら、文句も届かない距離になる。


さらに突っ込む。



そして、オーナーからは

「 財布は、我々の保険では賄えない。

  財布の件は、ホステル側の責任ではない。

  なぜなら財布はセーフティBOXに預けるべきだからだ。

  なぜおまえはセーフティBOXへ預けなかったんだ!?

  保険会社はそう言っている。 」




そう来たか。

何ヶ月待とうが、やっぱり払う気はないんだ。



ホステル側は一転、責任が無いと主張してきた。

それに加えて、セーフティBOXへ預けなかったという事を

理由に、こちらに非があると主張してきた。



オーナーは昨夜事件時に駆けつけたが、

我々の惨状を見ていない。

オーナーが駆けつけた頃には、

荷物の避難は完了し、雨は小康状態になっていた。



現場を見てないで言うこの姿勢が、

おれに火をつけてしまった。 。




こちらの主張。

「 財布はおれのケツポケットに入れていた。

  (本当はアキのバッグの中)

  貴重品を身につけていて、それの何が悪い! 

  天井から雨が降ってきて濡れたんだ。 

  あなたの保険で賄えるかどうかは、

  おれには関係のない事だ。 

  我々の200ユーロ分の損害を

  オーナーとしてどう考える!! 」



そしてオーナー

「 どうしてこの財布が200ユーロなんだ!!

  200ユーロなんて、高すぎるだろ!

  証明してみろ! 」




そしてこちらの主張。

「 あんたにとって高い200ユーロは、

  我々にとっても高い200ユーロの損害だ!

  証拠はこれだ!! 」
 


PCを開けて、ネットを繋いで、財布のメーカーHPを見せる。

主張していた200ユーロは、正統な額だ。



オーナー

「 この財布は中古だろ!! 」

こちらの主張

「 皮製品は使う程、新品よりも高くなる! もっと盛るか!? 」


結局、公式サイトの価格表示が正統だったことが決定打となり、

その場で200ユーロを現金で頂きました。



実際には2時間くらいかかったやりとりだったが、

その後は、改めてオーナーは僕らに謝罪してくれ、

交渉は最後に握手でまとまりました。




でもまぁ、泣き寝入りしなくてほんと良かった。




でも、この財布、

後に、なんと、アキは 無くしました。。。。


それはまた別のお話。



はたまた、海外旅行保険の携行品にも入っていましたが、

今回は使いませんでした。

理由があってのことですが、


それもまた別のお話。




スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

[トラブル集] 安宿に巣食う恐怖

 
旅で使う安宿。


バックパッカー達が


ハズレの宿を引いた時、


どんな恐怖が待ってるかって・・・



IMG_1034_360.jpg 



それは、ダニ。

ダニは一度刺したら、体の上を這いながら次々と刺す。


マットレスに付き、シーツに付き、毛布に付き、

服に付き、寝袋に付く。


一度被害に遭ったら、服は洗濯・天日干し、

さまざま策を講じないと、一緒に連れて旅することになる。



最初にダニにやられたのは、マレーシア。

マレーシア特有のビル構造により、

窓が無い部屋が多い。

窓がなく、エアコンがない部屋は、換気能力に乏しく、

湿気ったマットレスはダニの恰好の住処となる。



もうひとつのケースは、

前に泊まった旅人がダニを連れてくるケース。

宿としては迷惑な話だが、

旅人にとっても、宿の見た目の衛生面から判断できない

難しさがある。



宿選びの際のチェックポイントに、部屋の換気と

ベッドの湿気がある。

これをクリアしないと部屋は借りない。


が、完全に避ける事は不可能。



翌朝には症状が出てくるものもあれば、

何日か潜伏期間を置いた後、赤い斑点が出てくるものもある。




最も最悪だった宿は、モロッコのマラケシュで 

1軒の宿で、体を100箇所以上、ダニに刺されたことだ。


両手、両足、背中、腹、首。


一度にそれだけ刺されると、


痒さもさることながら、見た目もかなりヘコむ。


IMG_1552_360.jpg


僕らは、タイにいる時、

ダニ・ノミ・虫刺されに効く飲み薬と塗り薬を

病院で処方してもらって、長旅に備えた。


大抵のダニ痕は、薬を塗って1週間もすると、

引いていく。




旅人を恐怖に陥れるのは、ダニだけではない。

それを越える恐怖。

それが、南京虫(Bed Bug)。


体長7~8mmで、深夜に活動する。

体を這い回り、血を吸いながら、連続して刺す。

一度刺されたら、のたうちまわる痒さと、刺し痕の見た目の酷さから、
 
どんなツワモノでも、恐れおののくというから、 末恐ろしい。



その南京虫とは、マダガスカルで出遭ってしまった。

夜、木製のベッドに潜んでいると聞いていたものの、

僕が刺されたのは、真昼間の木製の椅子に座っている

時だった。

わずか10分の間にふとももの内側を20箇所以上、

次々と南京虫にさされた。

確かにあまりの痒さに、かきむしりたい衝動との戦いだった。



安宿の安旅は、その値段の安さと引き換えに、

さまざまなリスクを伴っているということです。


テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

[トラブル集] ATMにまつわるトラブル

 
旅の間のトラブル、ハプニングは数え切れないほど。 

●乗ってたタクシーが追突される
●乗ってたタクシーが追突する
●乗ってたバスがトラックと接触する
●スリに遭う
●泊まってた宿の水道管が破裂して水浸しになる。
●怪我をする。 病気になる。
・・・

などなど、一度には書ききれないので、ちょっとづつ。

今日紹介するのは、 ATMにまつわるトラブル



旅の間の現地通貨の調達の方法には、

日本で国際キャッシュカードを作って、

現地のATMで現金をおろす方法と、

クレジットカードのキャッシング機能を

使って、現地のATMで現金をおろす方法がある。


国際キャッシュカードは、

国によって引き出し手数料が異なり、

現地通貨の両替レートに手数料が数%乗っており、

さらにATMによっては引き出し手数料が別にかかる。


クレジットカードの場合は、キャッシングになるので、

利用する日によって、返済までの期間がかわり手数料がかわる。

ATMによっては引き出し手数料が別にかかるのは同じ。


それぞれ一長一短なので、

旅行者によって、どちら派という風に分かれる。

僕らは、両方の手段x2人を備えている。


しかし、海外ではATMにまつわるトラブルや犯罪はさまざま聞く。


たとえば、


●ATMにカードが吸い込まれたまま返ってこない。 

 銀行窓口や警備員が傍にいれば、トラブルを伝えることもできるが、

 まわりに問い合わせ先がない場合、

 あるいはフライト直前でのトラブルなどの場合は

 なかなか恐ろしい状況に陥る。

 ということで移動の直前にはなるべく使わないようにしている。

 ATMで操作中に町全体が停電に陥って、

 ATMがカードを飲み込んだまま動かなくなったという人もいた。


●スキミング

 噂だが、ATMカード差込口のランプが光っているATMは

 スキミング防止がされているATMと聞いたことがある。
 
 だが海外では、ランプが付いていないATMもざらにある。

 他に見つからない場合には、やむをえず使う。

 僕らは定期的に口座に不正利用がないことを

 オンラインで確認している。

 銀行行内のATMでスキミングに遭ったという旅人もいた。


●ATM連れまわし強盗

 アフリカ。

 特にタンザニアの首都ダルエスサラーム周辺で聞く強盗。

 車に連れ込まれ、脅され、ATMでおろせる限度額までおろさせ、

 おろせなくなるまで次々ATMへ連れまわす強盗。

 狙われるのは旅行者だが、特に日本人。

 無事にアフリカを抜けたので、こうして書けるが、

 強盗の手段としては、かなり警戒していた。




そんな中、僕らが何度も遭遇するATMにまつわるトラブルは、

国際キャッシュカードを使った際の、

現金が出てこない。」というトラブル。


現金が出てこない理由としては、

日本では考えにくいことだが、

要求した細かい紙幣がATMに入っていなかったり、

現金が既にATMになかった場合と思われる。

その場合ATM上は、キャンセル表示が出たり、

他の金額を入力するよう、表示が出る。


ATMの操作は、下ろしたい現金を入力する際に、

あらかじめ表示された複数の金額の選択肢の中から選ぶか、

自分でおろしたい金額を打ち込むかを選ぶことができる。

たとえば、

“100, 500, 1000, 2000, OTHER AMOUNT”といったぐあいに。 

このOTHER AMOUNTを選んだ時、問題は頻発した。



それは。。。

ATMにカードを差込み、PINナンバーを入力し、

金額を入力し、ENTERを押した時点で、

現金が出ようが出まいが、日本の銀行へ

「売上確定データ」なるものが送信され、

口座から勝手に入力した金額を引き落としてしまう。

だが、ATM-現地の銀行-日本の銀行間で

キャンセル処理が正しく行われれば、

「売上確定データ」の後に、

「キャンセルデータ」が日本の銀行へ送られ、

口座へ返金される。


このシステム、後に銀行への質問の回答で知ったことだが

この時点で非常に危うい。



最初にトラブルが起きたのは、ケニア。

ATMで現金をおろそうとしたものの、OTHER AMOUNTを入力せよ

というメッセージが出て、エラーになった。

特に不思議に思わず、額を下げて、

再びおろそうとすると、無事現金をおろせた。

ところが、後日オンラインで口座を確認すると、

エラーで下ろせなかった最初の処理が、

ちゃっかり口座から引き落とされている。


これに気づいて、すぐに日本の銀行へ問い合わせをすることにした。

しかし、手持ちの携帯電話は日本の携帯電話なので、

国際通話料金が適用され高額なので、

長電話などすれば、あっという間に、

間違って引き落としされた額など越えてしまう。

なんとか問い合わせメールを送りたく銀行のサイトを探すと、

「メールで問い合わせ」というコーナーを見つけ、

トラブルの内容を送った。



後日、その回答が日本の銀行から届いた。


「早速ですがお問い合わせの件について回答いたします。

*月*日のお取引¥**** は*月*日に返金予定です。

ご確認いただきますようお願い申し上げます。」


おぉ、無事返金されそうだ。よかった。。。


いや、、、

これは問い合わせて返金されることになったが、

もしや問い合わせなかったら、返金されなかったのでは・・・??

自分でオンラインで口座をチェックしていなかったら、

気づかないまま返金されなかったのでは・・・?



この最初のエラーと銀行とのやりとりを行ってから、

海外ATMと日本の銀行への警戒心はグッと増す。



そして、エラーは2度、3度と続く。


2度目はマダガスカル。

同じように現金が出てこず、

続けてもう一度額を変えて操作すると、

現金が出てきたが、オンラインで口座を確認すると、

ちゃっかり2度引き落とされている。


ここで、再び

日本の銀行のサイトの「メールで問い合わせ」というコーナーから、

トラブルの内容と返金を要求した。


すると今度は、


「早速ですがお問い合わせの件について回答いたします。

 前回お問合せのお取引については、

 現地の銀行からキャンセルデータが届いておりましたので

 ご返金させていただきましたが、

 今回は売上確定データが届いておりましたので、

 引落しさせていただきました。

 お手数をおかけして申し訳ございませんが、

 現地の銀行窓口にお問合せ下さいますようお願い申し上げます。

 また、

 ご不明な点につきましてはVisaカードデスクへご相談ください。

 それでは、今後ともよろしくお願いいたします。」


メールは送信専用メールから送られており、

問い合わせの続きができない。



この送信専用メール。

どこの企業も当たり前のように使っているが、

トラブルの問い合わせに対して

送信専用メールで返されるのは、実に腹立たしい。


再び「メールで問い合わせ」コーナーから以下の点を送る。



送った問い合わせを要約すると、

●ケニアでの1度目のエラーもマダガスカルでの2度目のエラーも

 何ら操作に違いはない。 何故今回は返金されないのか。


●現金が出てきていないのに、キャンセルデータが送られないなら

 システム上のエラーではないか?

 ただ “キャンセルデータが来ないから” では

 何も調査していないに等しい。

 銀行のキャッシュカードを使って起きたトラブルなのに

 それをユーザーに調査を押し付けるとはどういうことか。


●送信専用メールではなく、連絡の付くアドレスを教えてほしい。



数日の後ようやく届いた回答は、


「早速ですがお問い合わせの件について回答いたします。

 前回のお問合せについては*月*日にご回答させていただきました。

 今回も売上確定データが届いておりましたので

 引落しさせていただきました。」


というだけの回答が来た。


質問にも答えなくなった。


売上確定データが来たから引き落とした。

日本の銀行は正しく機能していますよ。

トラブルはあなたと現地銀行との間の問題ですよ。

というのが銀行の姿勢と読み取れる。




こちらの要求としては、この銀行のキャッシュカードを

使って起きたトラブルなのだから、

日本の銀行がトラブルの窓口になれ。

ということである。




そして、3度目のエラーはナミビアで起きる。


僕らのこの日本の銀行に対する警戒心は完全に不信感に変わった。


直近では、アフリカ中部・南部でしか起きていないことと、

このエリアについては、ATM上で自分で金額を打ち込まず、

あらかじめ表示された金額から選ぶということで、

引き出しエラーを回避することはできるので、

このキャッシュカードを利用し続けることもできるし、

予備のカードやクレジットカードでのキャンシング利用

での現地通貨調達もできるので、旅を続けることはできる。


だが、どうしてもその対応に納得が行かない。


考えに考え抜いた末、一言だけ渾身の一文を送った。


「 “売上確定データが送られてきたので引き落とした” という回答は、

 コンピューターが吐き出す回答であって、

 顧客の質問に答える銀行の回答としては受け入れません。」



ここで初めて反応を示した。


「早速ですがお問い合わせの件について回答いたします。

 前回のお問合せの時点で資金返還請求の

 お手続きさせていただいておいます。

 お待たせしており申し訳ございません。」


おぉ、ついに動き出したか。

 ・
 ・
 ・


そしてあーだこーだの後、数ヶ月が経ち、


「2011年12月28日からお問い合わせをいただきました件ですが

 資金返還請求手続きが成立しましたので本日口座に返金

 いたしましたのでご確認お願いいたします。」



そして、連絡と共に、お金が入金された!!


記事では要約したが、長い闘いだった。


ほんと無駄な時間を使った。 やれやれだぜ。。



テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。