回想録: 眠れない夜の事~(マダガスカル)

 
夕方、マンジャという小さな小さな村に着いて、

村唯一の宿に泊まった。

こんな小さな村にも宿があるなんて驚きだなぁ。

外国人なんて来ないだろうけど。

というか客はうちらだけか。



宿は、一部屋ごとの小屋が建っていて、

シャワーとトイレも付いてる。

シャワー室っていってもどういうわけか土だらけで、

アリんこの大行列とゴキブリ達の先客がいる。

シャワーはもちろん水シャワーなんだけど、

日中も40度近い日々だったので、水でOK。



部屋は4畳くらいのスペースに、

狭いベッドがひとつあって、一応二人でも寝れる。

入り口は木の扉で、小さな窓もある。

ベッドの上には天井から蚊帳が吊るされてる。

ただ、エアコンはもちろんだけど、ファンなし。



どっちみち村唯一の宿なので、OKしか選択はないわけで、

一緒にマダガスカルを旅してる、ゆう&まみ夫妻と

それぞれ一部屋づつ借りることに。



ゆう&まみ夫妻がベッドの下に、殺虫剤を吹きかけたら、

大量の虫が、ベッドの下からもわ~~~っと飛んで

飛散していったそうで。全部、蚊。

まず部屋から大量のアリとゴキブリと蚊を追い出すところから

始めるんだよね。



マダガスカルは

マラリア原虫のハマダラ蚊が生息する区域なので、

どんなしょぼい宿にも蚊帳は付いてる。

マダガスカルの人々も使ってるだろうから。

破れていることもあるけど。



僕ら夫婦は、タイの病院で

マラリア予防薬 「ドキシサイクリン」を処方してもらい、

飲み方と副作用について教えてもらってた。


これを毎日決まった時間に、多めの水と共に

飲まなければならないんだよね。

で、飲んだ後は副作用で気持ち悪くなって吐くと

病院から聞いていたので、

朝飲むと一日の行動が制限されそうな気がしたので、

僕らは毎日夜9時に飲むことに。

ケニアも一部でハマダラ蚊の生息区域だったので、

医者の指示通りケニアに入る前日から飲み続けてる。


中国製のドキシサイクリンを飲んだ旅人から、

ふらふらして気持ち悪くて動けなくて何もできなくなったと

聞いていたので、だいぶ警戒してたけど、

運良く、タイの病院で処方されたのは、

日本製の薬で、副作用も無かったと思う。

すごいよな、メイド・イン・ジャパンって。


マダガスカルに入ってからは、

念の為マラリアにかかったときの治療薬も、薬局で購入。

さらには、雑貨屋で渦巻き蚊取り線香を購入。

色は違うけど、同じ形のものがマダガスカルにも売ってたよ。



それにしてもマダガスカルの日中は暑い・・・

たぶん日中40度超えてるから、

夜も超熱帯夜なんだよね。



そこで、寝る前にいつものように、悩みが。




部屋には、ファンが無い。


ハマダラ蚊、虫、ゴキブリを避けるには、


蚊帳を張ってその中で寝たいが、


当然、蚊帳の中は風が流れないので、クソ暑い!!



1.蚊帳を張らずに、ドアと窓を密閉しておくか。


いやいや、ドアと窓を密閉したら、


暑くて寝るなんて無理!!


じゃあ


2.風が通るように窓とドアを開けて、蚊帳で寝るか。


それでも暑い!! (たぶんマダガスカル人はこれ。)


一番いいのは、外に蚊帳のテントを張って寝る。

ほんとそうできたらどんなに快適だったろうけど、

蚊帳付きテントを購入したのはナミビアへ行ってから。



じゃあマラリア予防薬も飲んでることだし、

虫除けスプレーを体に噴射して、


3.蚊帳を外して、窓もドアも開けよう。


これだと、ゴキブリも虫もベッドの上を這うだろうけど、

仕方がない。


じゃあせめて蚊取り線香を焚いて寝よう。


ドアを開けて椅子を押さえておいて、


窓を開けて、荷物はロックして、


購入したばかりの蚊取り線香に火を付けて、


電気を消した途端。


ガザガザ・・・ ガサガサ・・・


出たよ・・・



マダガスカルのゴキブリ、、、


どういうわけか蚊取り線香を食べにくるんだよね!!!

蚊・虫を我慢するか、ゴキブリを我慢するか、

2択なんだよね!!





ゴキブリはしょうがない。


すっごい近いところでうろうろしてるけど、


もう寝たい。





すると、さらなる試練が・・・


夜11時、宿の隣の店から、大音量で音楽が!!!


年末も近いからマダガスカルの人々も祭り気分か・・・


これじゃ窓とドアを開けて寝られない!!


窓とドアを閉めてみる。


無駄無駄無駄無駄無駄~~!!!!


ぜんぜんうるさい。


そもそもドアと窓を閉めて寝るなんて、


暑くてぜったいに無理!!!



思わず戸外に飛び出し


「STOP THE MUSIC!!!!」


と叫んだね。 届かないけど。


部屋を飛び出して、マダガスカルの若者達に、


あの音楽をなんとかしろ!!


というやりとりが何度かあって、


すこーしだけ音量が小さくなった気がする。


けど、音楽がなかったとしても結局暑くて眠れなかった。


翌朝、マダガスカル人の若者が「昨夜うるさくてごめんね」って


言いにきてくれて、


なんかちょっぴり申し訳なかったな。。


うちらよそ者だし(ここは宿だけど・・・)


ここに音楽以外に娯楽はないしね。


だから


マダガスカルも音楽も好きだけど、


ちょっと眠れなかっただけなんだ、ごめんね。


って返したんだけど。


彼は今どうしてるかな。




スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

回想録: かの有名な「ボディーガード」~爆笑インド

  
かの有名な映画 「ボディーガード」 知ってますか?


ケビン・コスナー、ホイットニー・ヒューストン出演の映画・・・

じゃないよ!!



うちらのインドのルートをちょっとおさらい。

ネパールとの国境スノウリ
 ↓
ゴーラクプル
 ↓
バラナシ(ガンジス川)
 ↓
アーグラー(タージ・マハル)
 ↓
ジャイプル(Pink City)
 ↓
ジョードプル(Blue City)
 ↓
砂漠の町ジャイサルメール(Golden City)
 ↓
デリー

という列車で横断するルート。



* * *


ジャイプル(Pink City)にいる頃。

インド人が

「ボディガード 知ってる? 今上映中の映画。大人気だよ。」

と教えてくれた。

でも、

「インド映画だよ」 って最後に付け足したけど!!

インド映画のボディーガード??


ジャイプルには映画館があった。

映画館の前には、「BODYGUARD」を見にきたインド人でいっぱい。

おぉ、なんか面白そうだな~ と思いつつも、

映画館には
結局入らなかった



次に、ジョードプル(Blue City)にいた時、

オートリキシャを頼んで、メヘラーンガル砦まで乗っていくとき、

オートリキシャの若者ドライバーが、

ガンガンに音楽鳴らして走るんだよね。 その曲が・・・

「なんかこれかっこいい曲だねぇ」って、2人で話していて・・・


india_2_380.jpg 


でも、なんて曲だか知らないけど。 とりあえず、

デジカメに動画で録音させておいたんだよね。




そして次にやってきた砂漠の町、ジャイサルメール(Golden City)。

ジャイサルメールの城壁の上に、

町と夕日を見渡せる気持ちの良い茶屋があって、

夕暮れ時は、僕たちはいつもそこで過ごしてた。

IMG_5013_350f.jpg 



IMG_5001_350f.jpg 



そこの茶屋に通ううちに、茶屋の主人と話すようになって、

「そうだ、この曲知ってるかな?」と、

ジョードプルで録音したデジカメの動画を聞かせると、

「あぁ、ボディーガードの曲だよ」 

そうか、これはボディーガードのテーマ曲か!

この曲持ってるよ、っていうので音楽交換することに。


P1060903_350f.jpg 


おぉ、徐々に「BODYGUARD」に近づいている。。。

けど、結局映画は見れずじまいで、インド出国。。。





ところが!!

4ヶ月後、南アフリカのヨハネスブルグから

ブラジルのサンパウロへ向け乗った南アフリカ航空。

(ラッキーな事に豪華なシート。詳細はこちら↓)
#100 なんか違う?~(南アフリカ)


IMG_6422_350f.jpg 


ここの座席モニターの映画リストに、「BODYGUARD」が!!



Bodyguard_250.jpg 


英語字幕だけど、これは見るしかないでしょ!!



そんで・・・

冒頭から おもしろすぎるんですけどぉ!!!

機内で爆笑が止まらな~い!!


でも、この映画を見つけたのが、フライト終盤だったので、

全部見終わる前に、目的地に到着。。。

3/4くらいしか見れてない!!

内容はラブコメアクションって感じなんだけど、

全編がどうしても見たいです!!



世界で一番映画が製作されている国は、インドだそうで。

にしても、インド映画の爆笑破壊力、すさまじいっす。


このおもしろさ、伝わらないと思うので、こちらの短い動画をどうぞ。

※BGMはうちらが探したテーマ曲ではありません。

bodyguard_0_380.jpg 


2人が旅した2011年夏のインドは、

まさに 「ボディーガード」の年で、

インド中の若者がボディーガードに熱狂していたような気がする。


インドはいろんな側面がありすぎて、

説明しようとすると混沌の渦にはまってしまう。

山ほど問題を抱えているが、、さいっっっっこうに面白い国で、

笑いで吹き飛ばすパワフルなインド、大好きです☆

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示