スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[トピックス] 世界の紙幣と、ババ抜きゲーム

  
現地通貨は、現地のATMでおろしていたことは以前書いた。

毎度レートをネットで確認していたので、

円高の追い風は感じていたな。


2007年1月以降のUSドル-円の為替レートの推移(月の平均価格)B_380b  



この大事な大事なお金。

そのお金を巡っては、いろんなちっちゃーいドラマが無数にある。


IMG_3974_350f.jpg 






▼釣りがない

東南アジア、南アジアでよくあることだけど、特にインド。

売店、レストラン。 

どこで買い物、食事しても、店にお釣りがない。

IMG_3957_350f.jpg


最初は釣りがないフリで、釣りを諦めて欲しいのかと思ったけど、

本当に持ってないんだよね。

方々探してようやく戻ってくる。

ほぼ毎回釣り待ち。

ボリビアの売店では、

小額のお釣りの代わりにクラッカーをよくくれた。




▼混在する複数の通貨

カンボジアでは、自国の通貨リエルがあるが、

タイ・バーツと、米ドルも流通している。

外国からの観光客向けにアンコール遺跡群の入場料も米ドルだしね。

米ドル、タイバーツの方が強いので、

カンボジア人は米ドルかタイバーツを欲しがる。

タイバーツで買い物をすると、

お釣りはカンボジア・リエルで返ってくる!

うちらもあまり利用価値がないリエルを受け取りたくないので、

釣りの無いように買い物をしていたり。






▼ボロボロの紙幣

紙幣には、紙製と薄いプラスチック製?があって、

紙製は、使うほどにどんどんボロくなっていく。

日本の紙幣は紙ですね。 でもあんまりボロくない。


薄いプラスチック製は濡れても破れなくて丈夫なんだけど、

2枚重なってると、ひっついちゃってることもある。

シンガポールなんて、超綺麗で新しい。


問題は、ぼろぼろの紙の紙幣。

それは、インドのルピー。 と、ネパールのルピー。

新しい紙幣が発行されないのか、

時々、そのボロボロ度合いが半端ないんだよね。

そのボロボロ紙幣は誰も持っていたくないので、

大体旅行者へ回ってくるのが常なんですわ。

そのボロボロ紙幣を誰が引くか、まさにババ抜きゲームなんだよね。





▼使いにくい米ドル

世界で一番通用する通貨、米ドル。

紙幣ってどこの国も、

金額の大きさに応じて紙幣の大きさも違うんですよ。

↓シンガポール・ドル。 大きさ違うでしょ。

IMG_3972_350f.jpg 


でも、米ドルだけは、

100ドルから1ドルまで、どの紙幣の大きも一緒。

重なっていると、すぐに数えられないんです。

1ドルの束に100ドル札が挟まっててもすぐにわからない。

正直不便ですね。なんで変えなかったんだだろ。







▼セントを表示する意味があまりないユーロ。

ヨーロッパ圏でスーパーで買い物をすると、

表示は、4.98 ユーロだったとしたら、

小額なコインは流通してないので、レジでは5ユーロ。

3.15 ユーロの表示だったら、レジでは3.1か3.2ユーロ。

0.02ユーロとか、0.05ユーロとかは要らないけどさ、

表示は 5ユーロでいいじゃん。って思うんだけどね。

ちょっとでも安く売るのつもりだろうけど、安くなってないから。

買い物可能な表示にしといてくれ。

ちなみに同じユーロ圏でも、

コインは国によってわずかにデザインが違っている。







▼世界の紙幣

一応、大体の国の紙幣は小額だけ手元に残しておいた。

IMG_3946_350f.jpg 


●タイ・バーツ
●ラオス・キープ
●カンボジア・リエル
●マレーシア・リンギット
●シンガポール・ドル
●ネパール・ルピー
●インド・ルピー
●トルコ・リラ
●ギリシャ・ユーロ
●イタリア・ユーロ
●スペイン・ユーロ
●モロッコ・ディルハム
●エジプト・ポンド
●ケニア・シリング
●マダガスカル・アリアリ
●ナミビア・ドル
●南アフリカ・ランド
●ブラジル・レアル
●アルゼンチン・ペソ
●ボリビア・ボリビアーノ
●ペルー・ソル
●エクアドル・ドル
●メキシコ・ペソ
●アメリカ・ドル
●ニュージーランド・ドル
●バヌアツ・バツー
●オーストラリア・ドル




その中から特徴的な紙幣を紹介します。



★動物ビッグ5が描かれた紙幣/南アフリカ・ランド

動物のビッグ5と言えば、

ヒョウ、バッファロー、ライオン、ゾウ、サイ。

ヒョウは200ランドかな? 手に入らなかった。

IMG_3950_350f.jpg 


IMG_3950_350f2.jpg 





★マダガスカル・アリアリ

通貨がアリアリって! 可愛い名前ですね。

紙幣には、帆船やバオバブやキツネザルなど

マダガスカルらしいデザイン。

意外にも、デザインが頻繁に変わるらしく、

紙幣も新しいし、プラスチック。

IMG_3952_350f.jpg 


IMG_3953_350f.jpg 







★ブラジル・レアル

表は普通なんだけど、、

IMG_3955_350f.jpg 

裏はなんと!! 縦!! これは珍しい。

IMG_3956_350f.jpg 






★バヌアツ・バツー

こちらもバヌアツの代表的な文化がデザインされている。

儀式としてバンジージャンプが始まったバヌアツでは、

バンジーの絵が描かれた紙幣もあったんだけど、

使ってしまって、持って帰らなかった。残念。

IMG_3969_350f.jpg  


 


★エジプト・ポンド

壁画に描かれていそうなデザインが!! おぉさすがエジプト。

IMG_3965_350f.jpg 





他にも写真のみ

★ラオス・キープ

IMG_3960_350f.jpg 



★モロッコ・ディルハム

IMG_3970_350f.jpg 


 

日本に帰ってきて、買い物のお釣りをあんまり確認しなくなった。

習慣ってすごいなぁ。 

その信頼感すごいなぁ。

海外ではお釣りを常に確認してたんだけどなぁ。



スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。