僕たちの『 旅 』

 
『 旅 』という言葉に無性に惹きつけられる。


あの丘の向こうには、

この海の先には、

この扉の向こうには、

見知らぬ土地があって、

自分らとは随分と違う生活をしている人々がいて。


IMG_3716_b_350f2.jpg  


旅という言葉から、

いろんなストーリーが湧き出してきては、

ワクワクするんだよなぁ。


P1040963_350f2.jpg  



物語の主人公の多くは、なんらかの旅をしている。

主人公の少年・少女は旅の中で様々な出来事に遭遇し、

時に乗り越えたり、時に人に教えられる出会いがあり、学ぶ。



IMG_8688_350f2.jpg  



既に少年少女ではない僕らにも、僕らなりの旅の視点がある。


旅の一般的な適齢期なんてない。

作家、沢木耕太郎の言葉の中にある “26歳適齢期説” が

一般化した風潮もあるけれど、

うーん、言うなれば、それぞれ自分にとっての

“今だ”というタイミングはあるだろうね。

そうである以上、人を見ていても自分の適齢期は分からない。


実際のところ、旅に出たら、世界中、日本人も外国人も、

10~70代の人がいろんな旅をしていることがわかって、

なんかもう細かいこと考えててもしょうがなかったっていう。

そういう先入観をぶち壊してくれる出会いが、

すごく楽しいんだよね。


もともとアフリカから始まり世界へ広がった人類は

過酷な旅をして、地球上の未開の地を開拓してきたわけで、

旅する事は、DNAに刻み込まれてるんじゃないかとさえ

思ってしまう。


先人達に学びながら、少しづつ活動の場を広げていった彼らを

突き動かしたものは何だろう。

探究心、好奇心、想像力、行動力。

生き抜くため。 繁栄のため。

新しい環境に適応するために、進化したのか。

進化したから、新しい環境に適応できたのか。


旅するのは、みんなやっぱり何かを探しているからだろうね。

それは生きる欲求に通じてると思うね。


* * *


旅には、

謎解きという側面と、再会という側面があると思う。


世界一周の旅はまさに謎解きだった。

初めて訪れる町、想像していたのと違う。

TV・写真で見たのとイメージが違う。

IMG_3488_350f2.jpg 



当然なんだよね。

どんな映像も、写真も、

作り手の意思を反映した作品だからね。

このブログも僕らの主観で作られているから、

この通りの世界があるとは限らない。

だから出発前に、旅の間の(#)記事を、

フィクションで描くというルール設定にしたんです。

  ※<参照>
#0 プロローグ



僕らは自分の五感で触れて、自分達なりに謎を解いた。

そしてこのブログを通して、

読者に多くの謎かけをしたと思う。

謎は謎のままでロマンを感じるし、

解くかどうかはそれぞれに任せよう。



2度目に町を訪れる時、既に安心感を覚えてる。

3度、4度と戻ってくると愛着になってる。

新しい発見もある。

そういう旅も大好きだから、

いずれもう一度訪れたい場所がある。

どうしているか、気になる人達もいる。



* * *



最初に #0 プロローグで書いた。


「どんな結末を迎えたとしても、 

 結末を結べばひとつの作品になる。」




幸運にも、無事帰国という結末で結ぶことができた。


旅は、いい事ばかりじゃない。


事実、僕らの旅の序盤はトラブル続きだった。


じっくりと時間をかけて2人で旅を立て直した。




IMG_0596_350f2.jpg  




騙されたり、けんかになったり、


助けられたり、


怪我をしたり、熱を出したり、


また助けられたり、


揺さぶられて弱っちぃ自分、強い自分に出会い、


夫婦として試され、


乗り越えて新しいステージに進む。




気づけば・・・

様々な出会いを伴って、最高の旅になっていました。




bokutatinotabi_350f.jpg  




AKITAKAO_ALL-0330_350f.jpg



見れなかったものも、外れた抽選も、トラブルも


全部含めて、120点の出来栄えです。


後悔などひとつも残していないのです。


なぜならこの旅は


僕らにしか創造できなかった物語だからです




IMG_1168_350f.jpg  





* * *


それぞれ旅人の思いはきっとみな同じじゃないかな。


自分達の旅はそれぞれ自分達にしか作れない。


さて、このブログもいよいよエンディングが近い!!



スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示