#98 ついにナミブ砂漠・・・~セスリム(ナミビア)

  

IMG_5865_380.jpg 



IMG_5834_380.jpg


色はアプリコット。


とても細かい粒子の砂。


世界最古の砂漠。 


・・・ナミブ砂漠。



ここナミビアまで、そしてナミブ砂漠まで。


長かった、遠かった。


アフリカを目指した最大の目的は、


このナミブ砂漠に来るためだった。





強烈な陽射しを受けて、浮かび上がる陰影。


遥か先まで続く砂丘に、


砂丘以外なんにもない。


人もいない。


IMG_5954_380.jpg



2人だけでこの砂丘を登ってきて、


この眼前に広がる圧倒的な風景を目の当たりにして


もう言うことはなかったです。


IMG_5891_380.jpg 





スワコップムントから、車を走らせ8時間。


セスリムという町に着き、再びキャンプサイトを借りた。



翌日、日の出後に再び車を走らせ、


ここナミブ砂漠へ向かってたどり着いたのが


ここ「DUNE45」と名の付いたナミブ砂漠の砂丘。




粒子が細かいので、足跡は消されていく。




IMGP3826_360.jpg 







namibia_0_380.jpg 







IMG_5974_380.jpg 








IMG_5977_380.jpg 





異様なほどの空の青さと、砂のコントラストは、



この世のものとは思えない景色を作り出して。


IMG_5983_380.jpg 






陰影を作り出すのは朝方から午前中。



陽が昇りきると、一気に気温があがり、



容赦なく照りつける。



足元の砂は灼熱で足が熱い。




IMG_6158_380.jpg 





もうひと山、もうひと山、登ってその先の景色を見たくなる。



登った先はどこまでも続く砂丘。



IMG_6196_380.jpg 





IMG_6219_380.jpg 






IMG_6246_380.jpg 




IMGP3827_360.jpg





感じたことは書ききれないが、


この眺めは忘れないだろう。




<<アキの一言>>

・登って良かった大砂丘のてっぺん。
 辛かった分だけ久々に感じた達成感。

・太陽と砂丘と陰影。今日も明日もあさっても。
 太陽に照らされ姿を現す。



- - - - - - - - - - -
Sesriem / NAMIBIA





スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

#99 過剰負荷環境~ソススフレイ(ナミビア)

 
DUNE45 と言われている砂丘だが、


看板があるわけでも、標識があるわけでもない。


何もない。




日本から遠く離れたアフリカ、ナミビアの地。


このナミブ砂漠は、この旅のハイライトのひとつだ。



IMG_5895_380.jpg  




このぶっ飛んだ風景を前に、


なんだかいろいろどっかへ飛んでいってしまえ。



旅をしていると、必要とする旅情報以外は耳には入ってこない。


入れる必要がないというか、


今の僕らに必要なものは相当限られてる。


水と食い物と、安全に帰れる方法だ。



いや、あなただって必要なものは本当は限られてるはずだろ?


なんでもかんでも揃えることが幸せじゃないからね。


いろいろ見直してみたらいいよね。





街を歩けば、看板。


ネットをつなげれば、広告。


TVをつければ、NEWS。


情報が溢れてるわりに、必要な情報は埋もれているし、


双方向の時代とか言いながら、圧倒的に受けの方が多い。


自分で選んでいるようでいて、


本当はなんだか選ばされているような。


そうやって価値観も形成されていくんですね。




片方で魅力的な甘味で誘って、


もう一方で、健康の為に我慢しなけりゃいけない。


あるいは、甘味の後で、


帳消しにするためにはこれを飲んでください。と。


情報の分だけ、右か左か葛藤が起きるわけで、


わざわざ制約を増やして、自分の首を絞めているようで。




これだけ何もないと、シンプルにならざるを得ないでしょ。


この環境、心底楽しい。


これは長旅で感じる利点のひとつだ。


日本は、過剰負荷環境だ。


受けの情報がありすぎて、本当に必要な情報が


埋もれちまってる。


日本に帰ったら、無駄を削ぎ落として、


本当に必要なものを見直そう。


“あって当たり前” は既にぶち壊した。



* * *



さぁ、続きだ。



泉は干上がり。



IMGP3856_380.jpg 





枯れてしまった黒い木々が不気味な、



その名も“デッドフレイ”。



IMG_6065_380.jpg  









IMG_6100_380.jpg 








IMGP3797_380.jpg    





夜は砂漠の中で満天の星空・・・


IMG_5802_380.jpg 



ヴィントフックに戻って10日間のナミビアは終了。



<<アキの一言>>

・1746km のレンタカーの旅。何もない国で感じた感動数知れず。

・夜中に昇る燃えるようなでっかい月

・昼間の灼熱は地獄のようだったけど、また来たいなーナミビア。
    

  
- - - - - - - - - - - - - - - -
Sossusvlei / NAMIBIA


テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

#100 なんか違う?~(南アフリカ)

 
アフリカ楽しかったなぁ。


緊張感はあれど、本当に楽しかった!


マダガスカル、ナミビアは特にだ!



さて、ナミビアから一旦南アフリカのヨハネスブルグへ戻り、


そこからいよいよ新たなる大陸へ!!



IMG_6367_380.jpg 





離陸後、ほどなくしてドリンクサービス。


IMG_6373_380.jpg 




さてさて、お待ちかね、機内食サービス!



まずは前菜?



IMG_6386_380.jpg 



メインは、じゃあチキンで!



IMG_6388_380.jpg 








IMG_6391_380.jpg 





デザートはチョコケーキを選んで!



IMG_6392_380.jpg 





2度目の食事も!



IMG_6416_380.jpg 




今度はメインに牛肉を選んで!



IMG_6418_380.jpg 




味付けにはこだわって、塩とペッパー付き!



IMGP3959_380.jpg 




今度のデザート。



IMG_6393_380.jpg 




ほっとひととき。。



IMG_6429_380.jpg 




あれ??



なんかおかしい??




足元広すぎ??




なぜなら、ここは・・・



ファーストクラス!! 
 




そんな予算あるわけない!




そんなことがありうるとすれば・・・




そう、航空会社のダブルブッキング!!




機内に乗りこんで、いつものようにエコノミーに乗り込んでると、


なんと、同じ座席番号を持った客が登場。


しかも一人ではない。


僕の席もアキの席も、ダブルブッキング。


すぐにCAにクレームを言う。


やがて、ダブルブッキングは我々だけではないと判明。


周辺の席でざわつき始める。


オーバーブッキングは聞くけど、


同じ座席番号を発券しちゃうなんて、


完全なシステム的なエラー。


だが、エコノミー席は満席。


仕方なく??あなたたちは席を移動してくださいと言われ・・・


すぐにピンとくる座席番号を渡された。


それが、・・・これだぁ!






シートも180度! 完全フラット。 さらにフトン付き!


IMG_6405_380.jpg




さらにシートはマッサージ付き!!



IMG_6424_380.jpg 




機内食の飯がハンパなく旨い!!


次の大陸まで、長時間大陸横断飛行、ノーストレス!!!


なんだか無駄を削ぐって言った直後でなんか複雑。。。


いやいや、らっきーMAX!!


そして、さよならアフリカ!


IMG_6357_380.jpg



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Johannesburg / SOUTH AFRICA → ・・・




テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

#101 空振りブラジル~サンパウロ(ブラジル)

 
最上級極上快適フライトで到着した地は・・・


20カ国目、ブラジルのサンパウロ!!


ついに南米まで来たーー!!



が、雨。。。。。。。。。


IMGP3980_380.jpg 




そういえば、アジア、ヨーロッパ、アフリカと、ずっと


スコール的な雨はあれど、降り続く雨季の雨とは縁がなかった。


そう、南半球の南米は雨季、そして夏だった。




この雨に、いろいろ意欲が削がれてしまった。。。



そんな意気消沈の僕らを救ったのが、


同じ宿にいた、偶然同姓の旅人のNさん。


日本から地球の裏側で、同じ苗字の人と会うなんて!!!!



何度も南米に来ている、特にブラジル好きのリピーターということで、


ここサンパウロには、日本からの移民がたくさん住んでいることもあり、


(僕らが滞在していたのは、リベルダージ地区という東洋人街)


旨い店を教えてもらい、一緒にご飯へ。



中華料理で、ちゃんぽんを!

IMG_6447_380.jpg 



そして小龍包!


IMG_6446_380.jpg 




旨いなぁ、本当に旨いなぁ、、、久々に腹が満たされた飯だぁ~~~!


アフリカはなかなか中華料理はなかったからなぁ。


南米は飯に期待できるぞぉ。。




さらに、、

次の店。

待ってる客がいるということは、なかなかの評判なのか・・・


IMGP3991_380.jpg 




そして、日本人経営のブラジル人がつくるラーメン。


IMGP3989_380.jpg 



ラーメンに関しては、日本人は全員ラーメンについて語れるほど


うるさいからねぇ。


地球の裏側のラーメンに満足するのは、かなりハードルが高いと


思うが、ベースとなるしょうゆがたぶん違うのと、


湯きりがあまいんだろうなぁ・・・ 


ラーメンに厳しい僕とアキを満足させることはなかった・・・



翌日、再びNさんにおすすめの店に連れていってもらった。


ブラジルでは多い、計り売りで好きなものをバイキング形式で取る店。


なんと寿司発見!!!!!


これにはテンションあがる!!!!


IMG_6457_380.jpg 



さらにここ東洋人街のスーパーには、


そうめん!!


IMG_6449_380.jpg 




満足した~~ ブラジル。。



あれ??



うーーーーーん、観光せずブラジル終了??



よし、アルゼンチンへ向かおう。。。。バスで。



IMG_6466_380.jpg




ブラジルは苦労してビザ取ったのに消化不良だぁ~~~!



ブラジルビザについては、後に紹介します。



<<アキの一言>>

・あっという間すぎて

・正直、出だし雨ってテンション下がります。

・浅草みたい?道頓堀みたい?ほんとに日本みたいだった、東洋人街。


- - - - - - - - - - - - - - -
Sao Paulo / BRAZIL


テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

#102 イグアスの滝はどっち側から見るか?

 
毎日降る雨に、

逃げるようにして飛び出したサンパウロ。。


ブラジルは、予定では本当はリオデジャネイロ行ったり、

サンルイスへ行って、そこからレンソイス大砂丘を見たり、

ボニート行って、川をシュノーケルでくだったり、

いろいろ予定していたのだがぁ~~


晴れてこそのレンソイス大砂丘だしぃ、、

ボニートだしぃ、、

雨によって完全に気分が乗らない~~。

その代わりに旨い飯を食べたりで。



さてっ!


毎日相談して、ようやく行き先が決まった。


バスで早々にアルゼンチンに行っちゃおぅ。


そうだ、イグアスの滝へ行こう!


イグアスの滝は世界三大瀑布のひとつに数えられ、


その水量は世界一の滝。


ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがっており、


ブラジル側から見るか、アルゼンチン側から見るか、


意見の分かれるところである。


それぞれ特徴があって、


ブラジル側からは割りと全体像を見ることができて、


アルゼンチン側からは、イグアスの滝の中でも


最も迫力のある“悪魔ののどぶえ”と呼ばれる滝を


間近に見ることができる。



悩んだ結果、


2日間に渡って、ブラジル側とアルゼンチン側の


両方から見ることにしました。



まずは、サンパウロから、長距離バスに乗り、


ブラジル側のイグアスの滝へのアクセスの拠点となる


フォズ・ド・イグアスへ。 バスで18時間くらい・・・


フォズ・ド・イグアスからはイグアスの滝行きのバスが出ている。


そして・・・


世界三大瀑布のひとつ、イグアスの滝が見えてきた~~!!

(ブラジル側)


IMGP4037_380.jpg 




おぉ、ボートで滝に近づくアトラクションだっ!


IMGP4045_380.jpg 





遊歩道が滝の絶景ポイントまで延びているので、


とても良い眺めと迫力です!



IMGP4061_380.jpg 






IMGP4088_380.jpg 






IMGP4122_380.jpg 







IMGP4110_380.jpg 




当然水しぶきで、全身びしょぬれ。


もちろん防水カメラで備えて行きました。


P1050067_380.jpg 







P1050074_380.jpg 



- - - -


翌日、バスで国境越えブラジル→アルゼンチン。


出国審査を終え、次のバスがなかなか来ない・・・



IMG_6496_380.jpg 




待ちくたびれたが・・・

21カ国目、アルゼンチン入国!


IMG_6516_380.jpg 





アルゼンチン側からの見所は、間近に見る“悪魔ののどぶえ”!!


超ド級の迫力! しぶきもあって、あんまり写真も撮れない・・・


IMGP4181_380.jpg 



ブラジル側とアルゼンチン側、どっちからが良かったかというのも


よく聞かれたけど、結局僕らの間でも、どっちがって決まりませんでした。


それぞれ良かったので、、



<<アキの一言>>

・ブラジル側、アルゼンチン側って入場料どんなけ取るねん

・帽子が吹っ飛び、思い出消える・・・



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Foz do Iguacu / BRAZIL,  Puerto Iguazu / ARGENTINA

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示