帰国直後、旅の余韻はなかった

  
帰国して、元の部屋に帰ってきて、


翌日から普段の日本での生活に戻った。

(といっても、毎日自由時間だけどね。)


帰ってきて、最初に戸惑ったことが2つある。


ひとつ目は予想してたけど。。



▼ひとつ目は、


日本が・・・

道が狭い、人が多い、横浜駅の人口密度が異常


どう見ても電気使いすぎ、サービス過剰、神経質。。。



一瞬にしてシンプルな旅に戻りたくなりました。


IMG_6109_380c.jpg  



それは裏を返せば、


道が狭いのに ⇔ クラクションを鳴らさない。 


電気使いすぎだけど、 ⇔ 世界一便利な国


サービス過剰 ⇔ 世界一のサービスの質。


神経質・・・ ⇔ 高いモラルの国民性。



これらは表裏な為、一面から良い悪いは言えないのだけど


最初に拒絶したくなったのは、


外国とのあまりのギャップを感じたからであって、


なんだか幻の世界を目指して突っ走ってんなぁ。


という印象でした。


しかし、時間が経つにつれて、


日本という国と日本人という国民は、世界中どこを探して


似た国も国民性もないし、他の国がどう頑張っても


日本にはなれないのはよくわかります。


それについてはまた書こうと思うけど、今度ということで。





▼そして、もうひとつは・・・


元の生活に戻ると同時に、


世界を巡っていたという1年間の実感が


どっかへ“ふっ”と消えていった



最初、帰国直後に僕らを包んだこの戸惑いは大きかった。




あまりにギャップのある日本に戸惑い、


旅の実感が無いとなると、


我々は本当にここにいるのか。いていいのか。


と怪しくなるしまつでした。



DSC_6476_380c.jpg 





昨年の出発前の日本にいた時の記憶と、


帰国後の今の日々が、直につながってしまったというか。


分厚い本を読み終えて、


“パタン”と本を閉じた瞬間というか。


まるで長い映画をレイトショーで見て、


家に帰ってきたよう。



おもしろい映画だったね~、さぁ寝っか。


そして翌朝起きたら、


昨日の映画の記憶はあっても、もう興奮は残ってない。



とはいえ、


本当に一押しでおもしろい映画を見たという感覚。


冒険あり、トラブルあり、人間ドラマあり、感動の


ドキュメンタリー超大作だった。


その物語の中に入りこんでいた。



この地に帰ってきたら、


観客のひとりとして、映画の記憶はあるが、


どーも自分達のこととしてなかなか捉えられない。



この物語は本当にあったのか、無かったのか。


幻ではない事を確かめるために、


自分のブログを見たり、旅仲間のブログを訪れて


その中に自分の姿や仲間の姿を探し出して、


ようやく現実にあった事、現在進行形の事だと


かろうじて捉えることができた。





ただ帰国から日数が経つ間に、


次第に、“旅の余韻が無い”ということは


それほど重要ではない気がしてきた。


記憶はどうせ薄れるものであるし、


過去にぶらさがっていくのもいやだからだ。


IMG_5906_380c.jpg 




感情をメモリーしておくことはできないし、


その時に感じたものは、1ヶ月経って思い返しても、


記憶は残っていても、どう感じたかは、


その瞬間にしか留めておけないからだ。


だからこそ日記や、旅中に書きとめたメモや感想は、


大事にしていたんだった、そういえば。


だから今のうちに、こうして書き留めておかないといけない。


IMG_3371_300b.jpg  





一方で、矛盾するかもしれないが、


大きな満足感に包まれている。


それは時間が経つほどに大きくなっているような・・・




そして、この長い映画を見る前と後では、


自分達が違っているのは確か。


このぶっとんだ物語に自分達が一番影響を受けてる。



それが僕らの次の一手や、


今後の選択に影響を及ぼすのは間違いないし、


そこに、出発前にも今も僕が期待しているものがある。



それはまた、別のお話ということで。



IMG_1216_380c.jpg 



<<アキの一言>>

わぁ~、私のモヤっとがスッキリした~



テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

[トピックス] 映画と旅する

 
僕は映画を観るのが大好きだ。


旅の間、PCにはまだ見てない映画や、

繰り返し見たい映画を何本も入れていって

二人で時々見て楽しんでいた。


映像の中で、風景・背景は演出されて

加工されている場合も多いが、

実物を見て、あれはCGだったのか!

と気づくのもまた面白い。


映画は旅心をくすぐる。

何故なら・・・


映画の中の主人公の多くが、

みなカッコよく旅をしているから


そこ、行きてぇ~~




◆「タ・プローム」/シェムリ・アップ(カンボジア)

映画「トゥーム・レイダー」より


Tomb Raider1c_300 


と、実際のタ・プローム。

P1040454__300.jpg 



◆サントリーニ島の街並み/(ギリシャ)

映画「トゥーム・レイダー2」より


Tomb Raider2a_300 


と、実際見た風景。


IMG_6855__300.jpg 







大好きな映画がある。

それは、ターセム・シン監督の


映画 『The Fall ~落下の王国』


この美しい映像を、DVDでも見れるが、

できればブルーレイで見て欲しい。


この映画は・・・

橋から落下して車椅子生活になった若者が、

同じ病院に入院している、オレンジの木から落下して

骨折した小さな女の子に勇者の話を聞かせる物語。


若者からおとぎ話を聞き、

女の子の頭の中の想像を映像化した物語で、

大好きな世界観だ。


頭の中は何を妄想しても自由なわけで、

子供の頃から本を読み漁って、

しょっちゅう空想の世界に飛んでいた僕としては、

頭の中にある、

想像で作り上げられた非現実的に美しい風景の断片や、

おかしな物語がごちゃ混ぜになってるわけで、

こういう映画はとても監督に親近感を感じる。


また頭の中の美しくも混沌としたイメージを、

こういった形で具現化できる人は羨ましい。


僕にとって映画は、自分の前に誰かが座って、

2時間面白い話を聞かせてくれるようなものなので、

それがこの映画の設定とクロスオーバーし、

よりいっそう好きになってしまうのです。


世界中の風景と文化をエッセンスとして取り入れた

この映画が好きな僕ら。

もちろん実際に行ってみたいと思って、

計画段階から、コースに加えて、実際行きました。



それがこちら。

-------


『The Fall ~ 落下の王国』 からの1カットと、僕らの写真。




◆「タージ・マハル」/アーグラー(インド)


fall_agra_300.jpg




IMG_4568__300.jpg 




◆「シティ・パレス」/ジャイプル(インド)


fall_citypalace_300.jpg 




IMG_4654__300.jpg 




◆「ジャンタル・マンタル(天文台)」その1/ジャイプル(インド)


fall_JantarMantar_300.jpg 



IMG_4712__300.jpg 




◆「ジャンタル・マンタル(天文台)」その2/ジャイプル(インド)


fall_JantarMantar2_300.jpg 



IMG_4720__300.jpg 





◆「ブルーシティ」/ジョードプル(インド)


fall_jodhpur_300.jpg 




IMG_4842__300.jpg 





◆「コロッセオ」/ローマ(イタリア)


fall_roma_300.jpg 



IMG_9127__300.jpg 




◆「ピラミッド」/ギザ(エジプト)


fall_egypt_300.jpg 


IMGP1983__300.jpg 




◆「ナミブ砂漠」/(ナミビア)

fall_namibia_300.jpg 


IMG_6098__300.jpg 




◆「ウユニ塩湖」/(ボリビア)

fall_uyuni_300.jpg 


IMG_8183__300.jpg 



こういう楽しみ方も、旅にはある。


映画と違うのは、自分達のストーリーは


自分達で全部プロデュースできること。



テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

絶景ベスト5(自然の風景編)!!

  
「どこが一番おもしろかった?」


というのを、ちょっと真剣に思い返してみた。


思い返せば、全部の国が思い出深いし、


ここの風景は忘れられない・・・


って正直、どこの風景も忘れられない。




列車やバスの車窓から見えた田舎の風景や、


船で到着する新しい町、


IMG_7888_350c.jpg 




田舎の村の市場の様子とか、

IMGP2964_350.jpg 



ライフラインもない環境に住む人々の様子とか、

IMG_4112_c_350.jpg 
 

心奪われた風景も、それはそれはありすぎて、


テーマを決めないと選べない。



ということで、今回のお題は・・・


僕らが気に入った、自然モノの、絶景中の絶景、


「 絶景ベスト5(自然の風景編) 」 !!


書き出してみたら、ぞろぞろと出すぎて紹介しきれないので、

とりあえずタカオとアキでそれぞれ5つ選んでみました。






▼AKI の絶景(自然の風景編) 第5位


「アンテロープ・キャニオン(アメリカ/北米)」


 アメリカ・アリゾナ州ページという町の

 ナバホ族が所有する地域にある渓谷。

 国立公園と違って、入場料も高いし、

 ナバホ族のガイドをつけないと入れないが、

 侵食されてできた渓谷の美しさは一級品でした。


IMGP6611_380t.jpg 





▼AKI の絶景(自然の風景編) 第4位



「カッパドキア(トルコ/西アジア)」

 快晴を数日待ってようやく決めた早朝の気球。

 昔から気球には一度乗ってみたかったそうで、

 気球から見たカッパドキアの風景は、絶景でした。


IMG_5951_380b.jpg 






▼AKI の絶景(自然の風景編) 第3位


「ペリト・モレノ氷河(アルゼンチン/南米)」

 氷河の上はいったいどうなっているのか??

 そんな疑問が解消されたアイス・トレッキング。

 白い世界に、青い水のコントラストが美しかった。


IMG_6998_380t.jpg 






▼AKI の絶景(自然の風景編) 第2位



「ナミブ砂漠(ナミビア/アフリカ大陸)」

 世界最古の砂漠、とても粒子の細かい砂、ナミブ砂漠。

 ここの砂漠の魅力は、麓までレンタカーで突っ込んで行けること。

 見渡す限り連なる砂の世界と、

 朝方から陽に染まる砂丘が美しい陰影を作り出す。

 2人で砂丘に登ってきて、見とれていました。
 

IMG_6219_380t.jpg  





▼AKI の絶景(自然の風景編) 第1位



「ウユニ塩湖(ボリビア/南米大陸)」

 悪路がひどい、バスがぼろい、高山病がきついボリビア。

 (飛行機でも行けるけど)

 高地3800m越えを行き辿り付く絶景。

 はしゃぎながら、空気が薄くてぜぇぜぇするけど、

 雲の上を歩くようなこの景色を見たら一発で許せちゃう。 

 鏡張りになる雨季1~3月がおすすめ!!


IMGP5221_380t.jpg  
 



続いて・・・



▼TAKAOの絶景(自然の風景編) 第5位


「ホースシューベンド(アメリカ/北米)」

 コロラド川に侵食されてできた渓谷。

 あまりのでかさに、吸い込まれそうでした。

 地球の原始の姿を見たようで、印象的だった。


IMG_0982_380t.jpg 





▼TAKAOの絶景(自然の風景編) 第4位



「白砂漠(エジプト/アフリカ)」

 砂漠というよりは、白い岩の荒野といった感じだけど、

 白い岩の荒野以外、生き物らしき影は無く、

 音も全く無く、自分が存在するかも怪しくなるくらいの静けさで、

 不思議な感覚でした。 ここでキャンプを張った。


IMG_1383_380t.jpg 





▼TAKAOの絶景(自然の風景編) 第3位



「セノーテ・ダイビング(メキシコ/中米)」

 その透明度、計り知れない! 淡水ダイビング。

 ここはチャック・モールというポイント。

 光のカーテン、屈折。 美しいです。

 セノーテダイビングは、ケーブ(洞窟)ダイビングに続くけど、

 長いケーブは苦手なので、洞窟には入らず、セノーテの泉で

 ずっと、光のカーテンに見とれていました。


IMG_9881_380b.jpg 
 




▼TAKAOの絶景(自然の風景編) 第2位



「ナミブ砂漠(ナミビア/アフリカ大陸)」

 アキと同じく、2位に選んだのは、ナミブ砂漠。

 アフリカを目指した最大の目的は、ここナミブ砂漠へ来るため。

 ここまで来れるなんて、もう感無量。

 この広い砂丘に、うちらしかいないし!!


 
IMGP3843_380b.jpg 





▼TAKAOの絶景(自然の風景編) 第1位



「ウユニ塩湖(ボリビア/南米大陸)」

 1位には、再びアキと同じ場所を選びました。

 もう、言葉にならなかったです。

 行っちゃってください。 一番キツイ場所にあるけど。。


IMG_8183_380b.jpg 
 





如何だったでしょうか。


今回は「絶景ベスト(自然風景編)」をテーマにしましたが、

書き出していたら、載せたい場所は多すぎて、

ランキングを付ける意味が徐々に無くなってきた。

でも全部載せていられないので、仕方ないね。。


他にも

●タ・プローム(カンボジア/東南アジア)
  IMG_1953_280f.jpg 

●マチャプチャレの山(ネパール/南アジア)
  IMG_4117_280f.jpg 

●パムッカレの石灰棚(トルコ/西アジア)
  IMG_6265_c_280f.jpg 

●バオバブ並木道(マダガスカル/アフリカ)
  IMG_3752_280f.jpg 

●ケープクロスへ続く道(ナミビア/アフリカ大陸)
  IMG_5302_280f.jpg 

●イグアスの滝(ブラジル、アルゼンチン/南米)
  P1050094_280f.jpg 

●グランド・キャニオン(アメリカ/北米)
  DSC_6493_280f.jpg 

●バスで越えたアンデス山脈の景色(ペルー/南米)

●カンクンのカリブ海(メキシコ/中米)
・・・

などなど。。。


ただ、絶景の風景の中に、緑(森)がほとんど無い事に気づいた。

実際、それだけ緑(森)を見ることができる機会、場所が

世界には少なかったということか。



今後も

「絶景ベスト(建物編)」など、様々なテーマを選んで載せていこう。



テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

絶景ベスト10選(遺跡・建物編)!!

  
続いて、

選んだテーマは・・・


「絶景ベスト10選(遺跡・建物編)」!!


ランキングではなく、10選にしてみました。



自然の絶景には叶わないって?


でも、これを


自分と同じ人間が?


遥か昔の人々が?


こんなところに建てるなんて!


今も建設中!


見た時に衝撃だった遺跡・建築物を挙げてみました。








「アンコール遺跡(カンボジア/東南アジア)」

 森の中に眠っていた約1000年前の遺跡

 アンコール・ワットを含むアンコール遺跡群。

 栄枯盛衰。 ここが東南アジアの中心だったこともある。

 雰囲気あります。

IMG_2282_380t.jpg 
 





「ダルバール広場(ネパール/南アジア)」

 カトマンドゥのダルバール広場。 この日はたまたま

 女性の祭り(ティージ)が行われていて、

 女性はみな、赤いサリーに身を包んで、集まっていました。

 そんな様子が異空間で、映画「千と千尋の神隠し」の中に

 入りこんだようでした。


 IMG_3877_380t.jpg 






「タージ・マハル(インド/南アジア)」

 インド人、こんな美しい精巧な建物を建てるんですね。

 左右対称が大好きなようで・・・本当に美しかったです。

 ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、

 亡くなった妻ムムターズ・マハルのためにつくった

 総大理石のお墓。

 川の対岸に、自分の黒いタージ・マハルを建てる計画も

 あったようで。 叶わなかったけど。


IMG_4574_380t.jpg 
 






「ブルーシティの街並み(インド/南アジア)」

 ジョードプルという町。

 旧市街の家の壁は青く塗られ、通称ブルーシティ。

 映画「The Fall ~落下の王国」の中で使われていたので、

 わざわざ行ってみました。

 町にあるメヘランガル城からの眺めは壮観でした。

 ただ、町中を歩くと、牛と牛のうんことハエは凄まじい数です。

 
IMG_4881_380t.jpg 
  





「サントリーニ島の街並み(ギリシャ/ヨーロッパ)」

 新婚旅行に一押し!

 青い屋根と白い壁のコントラストは本当に美しかったです。

 夏の混雑シーズンと寒い真冬は避けた方が良さそうです。

 全ての風景が絵になるので、写真を撮っていると前に進めない!


IMG_6791_380t.jpg 






「ヴェネツィアの街並み(イタリア/ヨーロッパ)」

 かつての水上要塞は、今では大人のテーマパーク!

 一年中シーズンの大観光地です。

 イタリアに行くなら外せない街です。

 観光地だけあって、レストランの味は正直普通でした。


IMG_8143_380t.jpg 









「サグラダ・ファミリア(スペイン/ヨーロッパ)」

 概観はすごいが、中に入ったら、もっとすごい。

 森をイメージしたこの建物は、柱が途中で枝分かれする。

 現代の建築物の中では、圧倒的な存在感でした。


IMG_0078_380t2.jpg   







「ピラミッド&スフィンクス(エジプト/アフリカ)」

 一度どうしても見てみたかった。本物のピラミッドとスフィンクス。

 個人で行くと、ラクダの客引きがなかなかウザイです。

 ピラミッドの岩は思った以上に1つがでかくて、

 これを運んで積み上げようという発想、全く理解できないっす。

 そういう異文化に触れるのが楽しいっす。


IMG_2172_380t.jpg 








「マチュピチュ遺跡(ペルー/南米)」

 遺跡の中では、大本命のひとつ。 マチュピチュ。

 スペイン軍に追われたインディヘナの民が、

 見つからないように、霧に隠された山頂に築いた町。

 僕らの時は、朝方は霧で目の前は何も見えなかった。

 霧が晴れ始めたら、姿を現すまでは、あっという間でした。

 背後にそびえる大きな山が、ワイナピチュ。 


IMG_9229_380t.jpg 








「チャペル・オブ・ホーリー・クロス(アメリカ/北米)」

 地球のボルテックス(渦)が集まるセドナ。

 その4大ボルテックスのひとつが、ここ Chapel of Holy Cross。

 ボルテックスが集まる場所に礼拝堂を建てた。

 ここから周りを見渡すと、ベルロックやカセドラルロックなど、

 他のボルテックススポットが見渡せ、セドナの町がボルテックス

 に囲まれたパワースポットだと見ることができる。


IMGP7050_380t.jpg 









如何だったでしょうか。


絶景ベスト(自然の風景編)が、

南米、アフリカが中心だったのに、比べて、

今回は「絶景ベスト(建物編)」をテーマにしましたが、

建物となると、ヨーロッパとアジア多し!



他にも

●イスタンブールのモスク(トルコ/西アジア)
  IMG_5485_280f.jpg

●ミコノス島の街並み(ギリシャ/ヨーロッパ)
  IMG_7187_280f.jpg

●パルテノン神殿(ギリシャ/ヨーロッパ)
  IMG_7643_280f.jpg

●フィレンツェの街並み(イタリア/ヨーロッパ)
  IMG_8585_280f.jpg

●コロッセオ(イタリア/ヨーロッパ)
  IMG_9113_280f.jpg

●ラスベガスの街並み(アメリカ/北米)
  IMG_1640_280f.jpg


・・・

などなど。。。



次は何のテーマにしようかな。



テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

大興奮の世界の動物たち 10選!!

  
今回のお題は・・・


自然モノは自然モノでも、


「 大興奮の世界の動物たち 10選 」 !!


希少というよりは、

見た時の興奮度・衝撃度で選びました。






「 ジンベイザメ (タオ島/タイ)」

 この日、タカオはネットをしにカフェへ。

 アキは一日だけのダイビングをしに海へ。

 そしてアキだけ遭遇、ジンベイザメ!!!

 アキがツイてるのか、タカオがツイてないのか!?


P1050098_380t.jpg 








「 イルカ (コスメル島/メキシコ)」

 実は調教されているイルカです。

 サインを送れば、その通りに動いてくれる本当に賢い子です。

 自然のイルカではそうはいかないけど、

 そもそもダイビングでイルカと潜らせてもらえるところは

 世界でほとんど聞いたことがないので、珍しい体験でした。


IMG_9624_380t.jpg 








「 ミナミアフリカオットセイ (ケープクロス/ナミビア)」

 海岸一帯に広がるオットセイのコロニー。 

 まるでBBC EARTHの世界。

 それにしても、凄まじい数のオットセイの泣き声と、匂い。

 タオルを巻かないと、10分と持たないな。

 親子が、嗅ぎ分けるために発してる匂いなんだそうだけど、

 これだけたくさんいたら判別不能な気もするけど・・・


IMG_5405_380t.jpg 








「 オリックス (セスリム/ナミビア)」

 ナミブ砂漠へ車を走らせてるいる時、見えたのがこのオリックス。

 慌てて車を停めて、様子を見ました。

 空に向かって伸びる2本の角の美しさ。

 なんてかっこいいんだろう。

 IMG_5812_380t2.jpg  








「 ライオン (マサイマラ国立公園/ケニア)」

 ケニアのマサイマラ国立公園。

 ビッグ5(ライオン、ヒョウ、ゾウ、バッファロー、サイ)の

 大御所、ライオン。 やはりオスはぐうたらなんだろうか。

 メスはエサを探しているところを見かけた。

IMG_2698_380t.jpg 








「 チーター (マサイマラ国立公園/ケニア)」

 周りへの警戒、獲物を狙うハンターの緊張感と、機敏な動き。

 オスライオンとは対照的でした。


IMG_2843_380t.jpg 







「 アフリカゾウ (マサイマラ国立公園/ケニア)」

 遠くに見かけたアフリカゾウの親子が、

 ゆっくりと近づいてきました。

 自然の姿を見れるなんて、本当に貴重ですね。

IMG_2959_380t.jpg 







「 ワオキツネザル (イサロ国立公園/マダガスカル)」

 ワオキツネザル。"輪尾キツネザル” ということだと、

 かなり後に知りました。 確かに。 輪の尾をお持ちで・・・


1030752_380t.jpg  







「 カメレオン (フェズの宿/モロッコ)」

 フェズの町の泊まっていた宿の屋上が気持ち良かったので、

 くつろいでいたら、屋上の木にいました。カメレオン。

 初めて見たけど、なかなか可愛らしい動きをしてくれますな。

 枝を掴もうと、ゆーっくり伸ばした手が可愛かったです。


IMG_0707_380t.jpg 








「 アルパカ (エル・チャルテン/アルゼンチン)」

 名前は知ってたけど、本物をようやく偶然見れた。

 飼われているアルパカだけど。

 ボリビア、ペルーに行ったら、アルパカの毛を使った製品が

 たくさん売られていました。



IMGP4723_380t.jpg  







自然モノは動物も、アフリカ、南米が強いっすね。



他にも

●ラクダ(ジャイサルメール/インド)
  IMG_5050_280f.jpg 

●シロサイ(マサイマラ国立公園/ケニア)
   IMG_2516_280f.jpg  

●シマウマ(マサイマラ国立公園/ケニア)
  IMG_2349_280f.jpg 

●アフリカ・バッファロー(マサイマラ国立公園/ケニア)
   IMG_2476_280f.jpg  

●パンサーカメレオン(道ばた/マダガスカル)
   IMG_4730_280f.jpg  

●チャイロキツネザル(キリンディ保護区/マダガスカル)
   _C250214_280f.jpg  

●シファカ(キリンディ保護区/マダガスカル)
  IMG_4024_280f.jpg 

●ダチョウ(ビッグママ/ナミビア)
  IMG_6254_280f.jpg 

●マゼランペンギン(ベーグル水道/アルゼンチン)
   IMGP4904_280f.jpg  

●リャマ(マチュピチュ遺跡/ペルー)
  IMG_9084_280f.jpg 

●バイソン(アンテロープ・アイランド/アメリカ)
  IMG_0677_280f.jpg  

・・・

ケニアのマサイマラ国立公園では、

ヌーやハイエナ、メスライオンの捕食。

他にもアフリカでは、道端の鹿などなど。。。



珍しい動物ではないけれど、

インドの牛は、細い路地を闊歩していて、

そこらじゅううんこだらけで凄まじかったです。


神様の乗り物として神聖化されてる牛ですが、

あれ・・・ 痩せた姿で働かされてる。 ってことも。

  IMG_4830_280f.jpg 




東南アジアでは、野良犬は病気持ちそうで、

暑さで死んだような姿でしたけど、

インドでは、さらに棒で叩かれて、本当に死にそうな姿でした。

違う意味で、衝撃でした。



衝撃度はないけど、ニュージーランドの

羊や牛の牧場の素朴な風景には、結構癒されました。


  IMG_1940_280f.jpg 


  IMGP7408_280f.jpg 


  IMG_2248_280f.jpg 




テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示