#113 天空都市~マチュピチュ(ペルー)

 
マチュピチュは、朝の方が霧が少ないとか、昼の方が霧が少ないとか

いろいろ前情報があって、結局どっちが良いのか

わからなかったけど、

僕らが行った日は、朝方から霧が濃くて・・・


マチュピチュの入場口から遺跡へ向かう途中・・・


IMGP5676_380.jpg 


なんにも見えないじゃん!!



霧が上から下から、激しく動いていきます。


IMG_9101_380.jpg 


ところが、時間が経つにつれて・・・



どんどん霧が晴れていく・・・



そして、目の前に広がる・・・



マチュピチュ遺跡!!!



IMG_9197_380.jpg 


「・・・ついに来たか。。。」


IMG_9241_360.jpg 




IMG_9229_360b.jpg 



マチュピチュ遺跡の背後に見える険しい山が、ワイナピチュ。



ワイナピチュから見るマチュピチュ遺跡。


IMG_9143_380.jpg 




★マチュピチュ情報


●個人でクスコの町からマチュピチュの町へ行く場合。

・マチュピチュ遺跡(+ワイナピチュ入場)の入場チケット

・ペルーレイル(列車)の乗車チケット


が必要。

両方とも、HPからクレジット決済で購入ができる。



Perurail
http://www.perurail.com/en/

Machuppichu
http://www.machupicchu.gob.pe/



クスコの町に、ペルーレイルの窓口があるので、

窓口でペルーレイルのチケットを購入することもできる。



●ペルーレイルチケット


僕らが行ったときは、雨の影響か、

クスコの町→マチュピチュの町への移動は、ダイレクトでは行けず、

クスコの町→ollantaytambo
(ペルーレイルの用意するバスか、乗り合いタクシー)

ollantaytambo→マチュピチュの町(ペルーレイルの列車)

で行くことになりました。


そして、このペルーレイルですが、大雨が降ると運休になります。

いつの年だったか、大雨に見舞われ、

2ヶ月復旧しなかったと聞いたことがあります。


実は、僕らがクスコに着いた日、

ペルーレイルは大雨の影響で2日間動いていませんでした。

宿には、マチュピチュへ行けない旅人が

どんよりした空気で迎えてくれました。。

2日運休して、翌日は行けなかった人たちがこぞって行ったので、

僕らはさらにその翌日に、マチュピチュへ行けました。


チケットの振り替えや払い戻しなどはちゃんと対応してくれますが、

ペルーレイルのチケットと、マチュピチュのチケットは別物なので、

それぞれ日付変更の手配が必要です。



ということで、雨季の時期はあまりおすすめではないかもしれません。

しかし、雨季のウユニ塩湖とマチュピチュを組み合わせて旅する場合、

両方をベストの時期に揃えることは不可能なので、

雨季のマチュピチュを選ぶなら

ペルーレイルが止まらないことを祈りましょう。



●マチュピチュ入場チケット


マチュピチュチケットは、

・マチュピチュのみ入場のチケットと、

・マチュピチュ+ワイナピチュのセット

のチケットが販売されています。


ワイナピチュとは、

マチュピチュの背後にそびえるひときわ高い山ですが、

入場人数に制限があるうえに、人気が高いため、

すぐにチケットがなくなります。


ワイナピチュに登ると、

ワイナピチュからマチュピチュの全体像を見下ろすことができます。

しかし、かなりの傾斜を登り降りするので、

絶対に登った方が良いとも言えません。


マチュピチュの眺めとしては、定番の写真で見る、

マチュピチュ遺跡内にある見張台からの風景が見れれば

良いのではないかと思います。


ワイナピチュへは登らず、マチュピチュだけの入場であれば、

直前であっても売り切れになることはないと思います。



●マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ登山


マチュピチュの町から、遺跡の入り口までは、

町のバス乗り場で往復バスチケットを買い、

山道をバスで30分ほど登っていきます。

遺跡の入場口からマチュピチュ遺跡までは、歩いてすぐです。


また、遺跡内にトイレはありません。

入場口にはあったと思うので、途中でトイレに行きたくなったら、

入場口に戻ることになるでしょう。

面倒くさがらなければ、それで良いと思います。

ワイナピチュにも登るとなると、

結構な道中トイレが無いことを覚悟しなければなりません。

ワイナピチュの入り口は、マチュピチュ遺跡の一番奥です。



●高山病


僕らは、ボリビアで既に高地続きだったので、

クスコの町(標高3600m)に着く頃は、

目立った症状は治まっていました。

低地からクスコ級の高地にいきなり飛行機で降り立てば、

少なからず症状が出ると思います。

高山病の薬は必携だと思います。


僕らは症状が出たボリビアのオルーロで、

ダイヤモックス(高山病に効く薬)を半錠分け合って飲みましたが、

目の奥が痛いような頭痛は、割とすぐに治まりました。


マチュピチュの町は、意外にもクスコよりも低い2280mにあります。

クスコで高山病の症状が出た人も、マチュピチュの町に

行ったら治まったという話しも聞きます。


高山病の薬は持病との関連をよく調べてから

飲んだ方が良いかもしれません。

僕らは特に問題ありませんでした。



<<アキの一言>>

・ワイナピチュ、もはや登山です。

・だから寒いんだってばー(怒
 電熱湯沸かし器のシャワー作ったやつー
 ちゃんと熱くなるの作って!


- - - - - - - - - - - - - - - -
Machupicchu / PERU


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示