#122 ついに来たグランドキャニオン!~(アメリカ)

  
THE WAVE の抽選会場。

「No... 7 !! 」 の当選番号が発せられる。

その7番の抽選番号を持ったぼくら3人は、


深いため息を漏らした!!


それは何故か!?



ひとつ前までの抽選で、既に4組9名が当選していたからだ。

会場抽選の定員は、10名。


その時点で、

当選したとしても僕らの中から1名しか行けないからだ。


ちーーーーん。


ということで、僕らは当選を辞退。


その後も抽選は続いたが、2名のカップルが当選。

ひとりを残し、女性がひとり当選を受けたのでした。

そう、ラッキーナンバー7は、われらの手からすり抜けて

落ちてしまったんです!!!


ちーーーーーん。。


会場を去り際、

アキとさいちゃんから発せられた深いため息が

会場に響き渡るのでした。。。。



これ以上の抽選参加は日程が足りなくなってしまうので、

the Wave落選のショックを振り切るかのように、

我々はkanabを発ち、

次の目的地グランドキャニオンへ車を飛ばした。





で、その前にこのkanabの町から、

毎日いろんな所へ出かけていたので、その紹介。



★レッドロック・キャニオン


IMG_1101_380.jpg 





★ブライスキャニオン


DSC_6208_380.jpg 





DSC_6248_380.jpg 





DSC_6308_380.jpg 


ブライスキャニオンを半日トレッキング。







★Coral Pink Sand Dune

IMG_1161_380.jpg 





IMGP6796_380.jpg 



夕暮れ時の砂丘は本当に綺麗だった。

暮れ始めてから没するまで、わずかの間だったが、

砂紋が作り出す光の陰影、美しくてやっぱり好きです。

 


- - - - - - - - - - -


そしていよいよ本命へ向かう。

IMG_1216_380.jpg 



★グランドキャニオンだ。


IMG_1238_380.jpg 



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

グランドキャニオンの起源は今から7000万年前、
 
この一帯の広い地域がカイバブ・アップリフトとよばれる

地殻変動により隆起したことに始まる。 

約4000万年前、コロラド川による浸食が始まる。 

峡谷は500万年前にほぼその全容を現し、 

現在見られるような峡谷になったのは、 約200万年前である。 

そして今もなお、浸食は続いており、 

最古でおよそ20億年前の原始生命誕生時の地層を浸食している。 

グランドキャニオンの断崖は平均の深さ約1200m、 

長さ446km、幅6km~29kmに及ぶ。最深地点は1800m。 

~~ Wikipedia 「グランド・キャニオン」より~~



DSC_6428_380.jpg 







DSC_6465_380.jpg 





グランドキャニオンで夕暮れを待った。


DSC_6502_380.jpg 


今までは、切り立った岩山を見ることが多かったが、

グランドキャニオンは自分の立ち位置から下に

とてつもない大きさの渓谷が広がる。


正直、大きすぎてどう受け止めたらいいかわからない。

普段日常で見ていた、アスファルトに覆われた街の風景というのは、

地球の姿を完全に覆い隠している姿なわけで、

今目の前に広がる荒涼とした風景が、本当の地球の裸とも言える。


そんな地球を開拓して街を造り繁栄を続けている人間の力も

とてつもないと感じるし、

今ここに放り出されたら何もできない無力さも感じる。


どっちにしろ、

地球スケールの自然にも、

人間の力にも、打ちのめされた感じですね。


ただ、アスファルトの街を造るんじゃなく、

この地球スケールの自然を崇めて、

その中で生きた先住民の人達の感覚の方が、

人間の本心に近い気がしたのは、

僕だけじゃない気がする。



- - - - - - - - - - - - -


翌日はグランドキャニオンをトレッキング。

渓谷へと下っていき、戻ってくるコース。往復で10km弱。



じっとこちらの様子を伺うのは・・・


IMGP6889_380.jpg 




ハロー グランドキャニオンの住人さん


IMG_1314_380.jpg 





<<アキの一言>>

グランドキャニオン

どれくらいでっかいかというと、、、、

「これっくらい。」   
「伝わらないって。。。」


IMG_1332_380b.jpg  


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Kanab -->> Grand Canyon / AMERICA


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示