#129 世界最大級の沈船~サント島(バヌアツ)

 
さぁ、ここバヌアツでは、

あきさんの友人夫婦と待ち合わせしている。


オーストラリアのケアンズに住む

オージーのロッドさん&日本人のゆうさん夫婦だ。


バヌアツの空港の入国審査の前で、再会!


さぁ、一緒に小型プロペラ機に乗って、

目指すエスピリッツ・サント島(通称サント島)へ。



ここバヌアツのサント島の海には、

全長200m(タイタニック級)の船 

「SS PRESIDENT COOLIDGE」が沈んでいる。


IMG_2667__380.jpg 


ここでのレック・ダイビングが大きな見所で、

なかでも、水深 40m の深さの船内に、

" The LADY " と呼ばれる像がある。

船内に入って、水深 40m って。

・・・かなりやばいですね。。。



あー でも、僕以外の3人、

ロッドさんは元イントラだし、

ゆうさんもダイブマスターだし、、

あきさんも元イントラだし、、、


このプロ3人衆は、船内の水深40mの冒険に

ワクワクもりもりなのだが、

アマチュアの僕は、正直びびりました。


だって、水深40mで、船内ってことは、

明かりは手元ライト以外一切ないし、

一旦入ったらすぐには出られないからね。。



ガイドは、ツインのタンクで備えて、

さらに予備タンクを一本。


IMG_2503__380.jpg 



他に一組の白人カップルがいたそうで、

彼らもツインのタンク、

沈船の別コースをバディダイビングで潜り、

ロープ持参で60mまで潜って入っていったそうで。。

長いオクトも備えて、

それ完全にテクニカルダイビングでしょー

アマチュアの範囲じゃないっす。。。



ということで、猛烈なお誘いを断り

カメラを託して、お見送り。

「良い写真撮ってきてねー」



ここからの記事はアキへバトンタッチ。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - -



「Coolidge」


タイタニックよりもでかいとされる世界最大級の豪華客船。

びっくりするほど原形が残っててでかかった。

そのままの食器やレンジ、戦争の時の不発弾もそのまま残ってた。


IMG_2435__380.jpg 




IMG_2446__380.jpg 




IMG_2490__380.jpg 




「The LADY」


水深25~6mぐらいから、横たわった壁に、上から船内へ潜り込む。


IMG_2626__380.jpg 


徐々に暗くなっていく。


IMG_2632__380.jpg 




IMG_2631__380.jpg 




IMG_2633__380.jpg 



完全に閉鎖された空間として、そこは約40mの水深。

危険を感じないわけがない。

手元のライトのみで、暗闇の中辿り着く「The Lady」 。



IMG_2635__380.jpg 


ダイブコンピューターのDECOタイムをチェックしながらも、

ライトに照らされるレディの像。

船は横倒しに倒れているので、レディも横向き。



帰り、明かりがうっすら見え始めた時のホッとした感じは

リアルだった。 またやりたい。



IMG_2646__380.jpg 





IMG_2651__380.jpg 





「Million Dollar Ponit」


昔、アメリカが戦後不要になった兵器を島に売ろうとし、

島の人が要らないと断ったら、

使えないように大量の兵器を海へ捨てていった

ミリオンダラーポイント。


IMG_2541__380.jpg 





IMG_2599__380.jpg 




IMG_2553__380.jpg 



これでもか、と思うくらいのタイヤや銃器が落ちてた。

こんな小さい島に、これだけの量を持ち込んだ。

そして捨てていったアメリカ、まったくやることもひどすぎだ。



アフターダイブは、

ロッドさん&ゆうさんの泊まるホテルのプールにお邪魔して、

ドボン。



IMG_2717__380.jpg 




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Espirits Santo Island / VANUATU


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

いいなぁ~!

船の中の道中はそんなに暗くなさそうだね。所々にある窓から光が入ってる?真っ暗なのはThe Ladyまでどのくらいあるんだろう。
行ってみたいな。沈船面白そう。

HAさんへ

船内に入ってから深度を徐々に段階的に下げて行くのだが 明かりは一分続いたかなぁって感じ。

完全に船が横たわってるから 深度を下げる=船内の中心に近づく感じで完全に暗くなるのだが ナイトダイブとは明らかに違う。
閉鎖されて真っ暗で狭い所を深度を深めていく感はヤバイ!

No title

2年前行きたいと言ってたバヌアツへ、行ったのね、、。
すごいよ。
あたしも行きたいとこは行くわやっぱり。
行ったもん勝ち楽しんじゃったもん勝ち感動しちゃったもん勝ちだよね~。

優子へ

バヌアツはおすすめだよ、誘ってくれた夫婦に感謝です☆
全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示