#3 鉄道ターミナル~バンコク(タイ)

 
この先の移動の準備で、宿をカオサン通りから離れて、

フアラムポーン駅近くに変えました。

THE TRAIN INN
  Twin(2段ベッド), AC, シャワー・トイレ共同、wifi free
  600B≒1,590円

内容にそぐわず宿代が高いけど、駅そばなので、

1泊だけはしょうがないかと、決めました。

IMG_0211_300.jpg 



そこから歩いてバンコクの観光客向けショッピングモールへ。

バンコクはなんつったって、車とバイクの渋滞が騒々しい。

ショッピングモール中心街は、

高いホテルが乱立しているので、 高い客が多く、

トゥクトゥクのドライバー全員が客引きに声をかけてくる。

だんだん気にならなくなるも、正直面倒くさい。

そしてトゥクトゥクの交渉の相場が高い。

そして僕らもなんとしても譲らない。

でも大体良心的なトゥクトゥクとタクシーを拾える場所の特徴が

分かってきた。

IMG_0224_300.jpg




で、次には列車に乗って、バンコク市民のショッピングモールへ。

電車の乗り方は、バンコクに到着した時も乗ったが、

券売機で行き先を押して、お金を入れると、コイン状のキップが

出てくる。 乗る時は、改札機にこれをタッチして、

降りるときには改札機に回収される。それだけ。日本と同じ。


IMG_0231_300.jpg 




バンコク市民のショッピング街、

こちらは全然客引きの声がかからず、なんと過ごしやすいことか!

生活用品も普通の値段なので、よかった。

実はあるものを探して、バンコクの街をあっちやこっちや彷徨った

んですが、結局見つけることはできませんでした。

それはまたのちの話で。




で、このフアラムポーン駅から、

タイ北部国境の街ノーンカーイを目指し、

出発の前日に、2等の寝台特急のチケットを予約しました。 


寝台は上のベッドか、下のベッドか選べるんですが、

俄然、下の方が天井が高く、外の景色も見えるのでいいんだけど、

下の席は既に予約がいっぱいで、やむなく上の席を。

ターミナルには列車の出発を待つ人々が。

8割くらいがタイ人風で、2割くらいがバックパック背負った欧米人。

IMG_0226_300.jpg 




移動当日、出発まで駅前の屋台で腹ごしらえ。

とりあえず、駅前の屋台に入ったら、

メニューに日本語の併記が!


そして、何か違和感が!


IMG_0233_300b.jpg

ライス長官は、豚肉のオムレツ

さらには、


IMG_0233_300c.jpg 


ママ飲酒揚げ

絶対、どこかの日本人が仕込んだもんだなぁ。

この発想は・・・

これ頼んでないので、どんな料理かはわかりません。





そうこうしてるうちに、列車が出発する20時が近づく。

IMG_0228_300.jpg



ホームに入ると、熱気と湿気ムンムンの靄で、

霞む中に列車が到着し、 なんだか映画の中にいるようで

いちいち楽しくてしょうがない

IMG_0247_300.jpg





これから初めての寝台列車に(と言っても、1000円台だけど)

乗ることを考えると、二人ともテンション、アゲアゲ

所要時間はゴトゴト揺られて12時間、

ノーンカーイの街の先はラオスとの国境が待っています。

タイは、この後何度か入国するので、早々に2カ国目を目指します


IMG_0242_300.jpg 

 


[記:TAKAO]

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

二段ベッドは上が小さいんだね。面白い。

面白ついでに、ライス長官は普通に豚肉のオムライス?

だれか教えて。
ほかのメニューも。
ライス空です?
フライド飲酒麺?

No title

電車のたび、いいね~
タイでは電車の発車ベル鳴るの?

HAさん、A2さんへ

2段ベッドで、下は2名まで寝られるから、
3人だと部屋代少し違ったかな。

ライス長官も食べてないんだぁ~
ライスは分かるけど、長官は日本人が付け足したよね、きっと。

他のメニューもちょっと想像がつかない。。。。。v-388

発車ベルはならなかった~、
到着駅のアナウンスもないから、
でも車内で駅名を言ってまわるけどねv-410
うちらは始発駅から終点駅までだったから、注意してなかった。

元気そうやね~

あき姉、楽しそうで何よりv-407
ビール飲んでる姿とか10年前と変わらずやわ
それにしても、安宿って意外とキレイなのに驚きv-356
読んでて、こっちまで楽しくなるよ!!
では、またちょくちょく旅を覗かせてもらうね。

No title

上のコメントの絵文字 笑顔のヤツと思ったら、違ったみたい・・・・
それで、編集しようと思ったけど できなくて
ゴメン気にしないでねi-238

ひとみちゃんへ

でしょ?なかなかいいでしょi-179
けど、アジア独特の蒸し暑さや、カビ臭さもあったりしてi-229
宿探しは、体力と情報と運みたいなっi-237

とりあえず宿が決まると、ほっがでるよi-234
全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示