#23 カンボジアの未来

 
タイのバンコクで、時々目にする光景がある。


駅の通路や道端で、

奇形児の赤ん坊を抱いて通行人へ手を合わせて、

缶を前に恵みを求めている母親の姿。


目の見えない老人の手を引きながら

物乞いをする子供。。



しかし、一方でタイの新聞には、

物乞いをしていたxx名を検挙。などと報道される。


物乞いの多くはカンボジア人である。



そして、新聞記事によると、

そういった物乞いを束ねている組織があり、

組織はカンボジアから人を集めてくる。

彼らはその組織から派遣されて、

女性と赤ん坊を組み合わせ、老人と子供を組み合わせて、

毎日“持ち場”について、物乞いをするということであった。



この記事で、いくつものカルチャーショックを受ける。 
 


自分の見ている光景の半分は真実ではないこと。

人々が彼らへ恵んだお金は組織が吸い上げて、

組織の資金源になっていること。


そして、ここからは想像だが、

彼らへ恵んだお金の多くは彼らの手に渡らないこと。

反面、おそらくは組織に養われていると想像する。

そして、彼らが恵まれていないのは間違いないこと。



「スラムドッグ$ミリオネア」という映画を見たことがあるだろうか?

舞台はインドだが、組織が子供へ物乞いを強制させるのに、

通行人の同情を引き、物乞いの収入をあげるために、

子供の目を焼きつぶすというシーンがあり、

背筋に冷たいものが走る。

それを思い出してしまった。

そしてやはりあれは実話に基づいていたのか・・・

と考えてしまう。



また一方で、仕事の無いカンボジア人が、

割の悪い仕事を国内でするよりも、

タイで物乞いをした方が収入が良いという背景の記事もある。


記事からでは、全ての物乞いが組織に属しているのかどうかは

わからないし、それを見分けるすべもない。



昨年からタイ・カンボジア国境プレア・ヴィヒアでの

国境をめぐる戦闘に 関わったカンボジア人兵士の多くは、

タイへの出稼ぎ経験があり、

おおっぴらではないが、タイ語も話すという。



なんとも難しい立場にいるカンボジア。



また、

30年前のポル・ポト派による200万人といわれる

大量虐殺の過去、 未だ埋まる地雷など、 
 
暗い歴史を持つカンボジアだが、


そんなカンボジアに、明るい話題がないわけではない。


かつてカンボジアは、

1000年以上前、北は中国の南端、 南はシンガポール、

東はベトナムまで、 東南アジア一帯を治めていた

アンコール王朝という大国であった。

その後さまざまに侵略を受け、今のような国土になったものの、

当時、東南アジア一帯を治めていた

大国の中心にあるのが、アンコール・ワット。

1992年、アンコール遺跡として世界遺産に登録された。

1993年にはこの寺院の祠堂を描いたカンボジア国旗が制定された。


これをきっかけに、アンコール遺跡を保存する動きが国際社会に

広まり、修繕・保全に各国が資金援助をしている。

もちろん日本も。



というわけで、僕らは陸路でカンボジア入り。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示