#32 ここは中国か?~マレー半島縦断

 
5日間ほどタオ島で、ほけーーーーっと過ごし、
 
すっかり頭がゆるくなった2人は、

最高のロケーションに後ろ髪引かれながら、

宿のスタッフの人達へ別れを告げ、 前へ進む。


IMG_2940_360.jpg 




タオ島の桟橋から再びフェリーに乗って、

マレー半島のチュンポンの港へ戻り、

夕方チュンポン駅周辺まで戻ってきた。


この日の、深夜22:45発の寝台列車へ乗り、

列車でさらに南下する予定。


駅で待ち時間5時間ほど。


駅前のフリーWifiのカフェレストランに入り、

夕飯食べてネットで情報収集しながら出発時間まで待つ。




最近、待つということに精神がだいぶ馴染んできた。

実際には、待つというより、

一旦忘れて自由時間を過ごすというか。

列車の乗車時間も、12時間とか、バス6時間とか、

そういうレベルなので、

まだか、まだか、と待つのは精神衛生上良くない。

というか、そんな心持ちも失せたけど。。



列車の出発時刻10分前に席を立って、店を出る。

カフェレストランで、同じように列車を待つ白人達が、

ギターを弾き始めた。


「Redemption song」 Bob Marley


bobmarley_0_380.jpg 



背後にBob Marley を感じながら、重いもの背負って

あぁ次の到着地はどんなところだろう。と想像するのは

気持ちよかった。




さて、駅に着いた頃、ホームに列車が入ってきた。

時間通りなので、駅員にキップを見せて確認すると、


「お前の乗る列車は、今目の前の列車の向こう側に停まっている。

もう発車するぞ!」


まぢかよ~!



うちらの乗る列車は、

少し前からホームの向こう側に停まっていたらしい。


 うちらが乗るはずの列車

 入ってきた列車 
――――――――――――
    うちら      (駅のホーム)


寝台車だからか、もう夜中だけに、列車の電灯も全て消えて、

暗闇の中にひっそり停まっていたらしく、完全に気配を消してた。

全く気がつかなかったぞ。。。


すぐさま、目の前の列車に乗り込んで、

反対側のドアから列車の向こう側の線路に降り立つ。

そして、目的の列車の扉のボタンを押すも、開きそうで開かない。

出発時間を過ぎているので、いつ発車してもおかしくないが、

大声で叫んでいると、列車のスタッフ(?)が遠くの扉から顔を出して、

こっちから乗れ! っと叫んでる。

列車は僕らを待ってるわけではないので、

いつ発車してもおかしくないが、扉まで走る!

荷物を放り入れて、乗り込んで、数十秒後に動き出した。

・・・あぶねー


無事、寝台列車に乗り込み、寝る支度をして、寝た。


おやすみー




------


旅のルートは、外務省の海外安全情報を元に作っている。

タイ南部の東海岸は、テロによる

「渡航の延期/渡航の是非を検討」エリアにかぶっているので、

2人が選んだ列車は、タイの東海岸から南下に連れ、

徐々に西海岸へそれるルート。




朝8時すぎ、PADANG BESAR(パダン・ブサール)駅で

列車が停まり、ここで全員を降ろす。


ここは、タイとマレーシアの国境。

ここでパスポートチェック、越境だ。


そう、今回は列車での国境越え。


一旦降りて、案内どおりに進むと、

駅舎の中にタイの出国手続きブースがあり、

スタンプを押してもらい、案内表示どおりに駅舎の中を歩くと、

今度はマレーシアの入国手続きブース。

ここから、女性職員は、頭にスカーフを巻いているイスラム圏となる。

早速も、お国柄の違いを感じながら、入国手続きをする。


(ようやく) 4カ国目 マレーシア、入国~


案内どおりに進むと、元の列車のホームに出て、

再び同じ列車に乗り込む。



全員の手続きが終わると、列車は発車。

列車は予定より2時間遅れで、午後3時に、

終点マレーシアのButterworth(バタワース)駅へ到着。

15時間の列車移動終了。。。


その日のうちに南下する乗り継ぎの良い列車はないので、

駅を出た。

Butterworth(バタワース)はマレー半島の西海岸。
 
ペナン島の玄関口だ。

バタワース駅から、フェリー桟橋まで歩ける距離で、

10分ほどフェリーに乗れば、ペナン島へ行けるので、

その日は、ペナン島で宿を探した。


このペナン島のジョージタウンという町、

世界遺産に指定されている。。

IMG_3090_360.jpg 


イスラム文化と、中国文化が混在しており、

建物がそれを象徴している。


イスラムのモスクがありながら、

IMG_3097_360.jpg 



中国の寺院がある。

IMG_3061_360.jpg 



歴史的価値があるようで、また、ジョージタウンという

一見こじゃれた名前に惹かれてやってきたものの、

正直あまり興味がわかず。。。。。。。。


かつ、宿をジョージタウンの中のチャイナタウンに決めたので、

マレーシアというよりか、ジョージタウンというよりか、

むしろ、ここは中国そのもの・・・

中国へようこそ





翌朝、ちょろっとだけ町を散歩して、再びButterworth(バタワース)駅へ。

タイ国鉄はなかなかレトロな列車だった。

(一日乗ると、顔と鼻の穴の中がススだらけになる)


ここからはマレー鉄道だ。

マレー鉄道は、ホームページもなんだか近代的で、

なんだか列車も豪華そう



いざ、Butterworth駅へ行ってみると、、

IMG_3104_360.jpg 


だいぶ期待と違うお姿で・・・



今度はここからさらに南下して、この列車に7時間乗り、

マレーシアの首都、クアラ・ルンプール



そして、クアラ・ルンプールで安宿を探すと、

クアラ・ルンプールのチャイナタウンへ辿りつく。。。。。。

中国へようこそ。Again


うちらは、今中国を旅してるんだな。 

チャイナタウンは飯がうまいからいいけど・・・



そう言い合いながら、

それでも中心部にイスラムを象徴する建物を見たり、 

頭をスカーフで隠している方達を見ると、

イスラム圏だぁ~という異国をすごく感じるんだな。


ちなみに、ここでも宿があまりヒットせず、

今のところワースト3に入る宿だった。



マレーシアの都市の名前は、なんとなく響きがかっこいいね。

●クアラ・ルンプール とか、
●バタワース とか、
●ジョホール・バル とか、
●マラッカ とか、
●メルシン とか、
●パンコール島 とか、
●ティオマン島 とか。


でもマレーシアの人はクアラ・ルンプールのことを

「KL」 と略して呼ぶ。


----



翌朝、KLセントラル駅から、KLIA(電車)に乗り、BTS駅へ。

BTS駅に直結するバスターミナル、TBSへ向かう。

BTS-TBS。。。 ややこしや。。

IMG_3140_360.jpg 


この巨大なバスターミナルから、バスに乗り、

港町メルシンを目指す。

乗車予定は4時間45分。


発車が40分遅れて、ようやく走り出したのも束の間、

エンジントラブルで、近くのバスターミナルへ緊急ピットイン。


IMG_3142_360.jpg 




全員バスを降りて、別のバスへ荷物も移し変えて、再発車。

IMG_3144_360.jpg 




そして、6時間後に、メルシン到着。

IMG_3161_360.jpg 



他の時間帯のバスで来た人に、所要時間を尋ねたら、

6時間かかったと言っていた。

タイムテーブルは4時間45分だが、毎回結局6時間かかるらしい。

ガイドブックにも6時間って書いてあった。

トラブル込みの時間かな。。。はは。。。



あまりここでもヒットする宿はなかったが、ここで1泊。

おっと、宿の主人は中国系だった。

中国へようこそ。Again




マレーシアに入ってから、

ジョージタウン、クアラルンプール、メルシンと、

どーも宿のレベルが落ちたような・・・

Hot showerもバンコク以来見かけなくなったな・・・


----



日は過ぎ、メルシンからバスに乗り、

ジョホール・バルのラーキン・バスターミナルへ向かう。 

バスでかなり飛ばして2時間ちょっと。

IMG_3554_360.jpg


ラーキン・バスターミナルで昼飯を食う。

マレーシアはイスラム圏だが、マレー系、インド系、中国系が

いるので、なんだか国際会議のような不思議な光景だ。




さて、このジョホール・バルから

いよいよシンガポール行きのバスへ乗り込む。


IMG_3146_360.jpg 











「2人のマレー半島縦断(南下)コース」 



IMG_3401_400f.jpg






1B(タイバーツ)≒2.56円
1RM(マレーシアリンギット)≒25.64円
※2011年8月現在


Bangkok バンコク [タイ]  (車中泊)

 ↓  列車  / 9時間 / 340B≒870円

Chumpon チュンポン [タイ]  (寝台車泊)

 ↓  列車 / 15時間 (国境超え) /  1047B≒2,680円

Butterworth バタワース [マレーシア]  (ペナン島泊)

 ↓  列車 / 7時間 /  34RM≒872円

Kuala rumpur クアラ・ルンプール [マレーシア]  (KL泊)

 ↓  バス / 6時間 /  30RM≒770円

Mersing メルシン [マレーシア] (メルシン泊)

 ↓  バス / 2時間 /  11.7RM≒300円

Johor bahru ジョホール・バル [マレーシア]

 ↓  バス / 2時間 (国境超え) /  3.3RM≒85円

Singapore シンガポール  [シンガポール] (シンガポール泊)




「マレー半島縦断(寄り道なしの場合)集計」

● 移動費用 : 列車 + バス = 5,577円    安っ!

● 乗車時間 : 列車 31時間 + バス10時間 = 41時間
                    (待ち時間除く)

● かかる日数 : 最低 4泊 くらい
 


僕らはタイのバンコクからシンガポールまで14日間かけて、 

移動に5泊、離島2つに7泊をあて、

マレー半島を陸路で縦断した。 
 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示