#36 濃いなカトマンドゥ~(ネパール)

 
バンコクで荷物をピックアップして、4日程休息を取る。

久々に、荷物をフル装備。 前後に背負って、ひとり20kgちょっと。

ぎりぎりセーフ、いや時々アウトか。。

やっぱもっと減らしたいんだよなぁ。俺としては。

IMG_3891_360.jpg




さぁ、遊びの時間は終わった。


ここから、もうちょっとディープな世界へ踏み込んでいく。





6ヶ国目、
ネパール入国


IMG_3734_360.jpg 






横に倒れちゃってるけど、ネパール国旗。

IMG_3750_360.jpg 







ネパールの首都カトマンドゥに到着。


クラクション音の洪水は、東南アジア以上だ

IMG_3737_360.jpg 







ネパール食、ダルバート。 

カレー、豆のスープ、ヨーグルト、漬物、じゃがいもなどが

添えられて、手で混ぜて食べる。

スプーンで食べたけど。

1回目、おいしいけど、3回もすると飽きる。。。

もちろん、ダルバート以外のメニューもどこの店にもあるので

いいんだけどね。

IMG_3761_360.jpg 







カトマンドゥのタメル地区。

中心地は、旅行者が集まるので、まだ潤っていると思うが、

ちょっと外れると、ローカルなにおいがぷんぷん。

その雰囲気は、刺激タップリ



P1050550_360.jpg 










P1050551_360.jpg 










P1050548_360.jpg 







カトマンドゥに松○人志??

IMG_3764_360.jpg 








パイナップルを搾ったジュース。

東南アジアでは、カットフルーツや搾りたてジュースは、

氷で冷やしてたけど、

ネパールでは、冷やせてないんだよね。。

IMG_3767_360.jpg 





ネパールでも女性はサリーや、

日常的に着るクルタ・スルワールという

サリーに似た民族衣装を着ている。

もちろん、普通に洋服を着ている人達もたくさん。

男の服装は適当。


P1050972_360.jpg 





カトマンドゥは、バックパッカーの沈没地と言われることが

あるが、その理由がこの時点ではよくわからない。



タメル地区に投宿すると、日本人旅行者が多いのに気づく。

何故だ?? もちろん個人旅行者だけど、

そして日本食を置いている店がある。何故だ??



しばらくいると、ネパール人は割と素直で腹黒くないのが分かる。

どこの国が腹黒かったかというと、

ちょっとここではまだ書けないが。。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

とうとう

とうとう、動いたんだね。
もしかしたら、もう動かないんじゃないかと思ったんだけど。
移動方法は?飛行機?
やっぱり、ネパールに来る旅行者はヒマラヤ、ヒマラヤトレッキング(一般人には登山は難しそうだからね)なのかね。
それにしてもネパールはいいね。寒いの?

HAさんへ

ようやく動く気になりましたよv-355
シンガポールからAirAsiaでバンコク戻って、ちょっと作戦練って、
飛行機でカトマンドゥ入りしました。
ヒマラヤは、難易度に応じてたくさんトレッキングコースがあるので、
初心者からプロまで楽しめそうな感じでした。
でも行くなら雨季は、ヒルが出るので気をつけてください。
僕も2箇所やられたけど、途中一緒になった韓国人は、背中が血だらけになったそうです。v-399
カトマンドゥで既に標高1400m。ポカラで900m。だけど、暑い。
ダンプスは1800m越で、Tシャツでも涼しくてちょうど良かったv-364

No title

ネパールはどこでも標高が結構高いかと思ってたけどそうでもないんだね。
すでに寒いのかと思ったんだけどね。これは自分が寒い所に行ってたからそう思っただけなんだけど。盆地ってことかな。知り合いもその辺りに行ってヒルがすごかったって言ってたのを思い出したよ。
ベースキャンプ(5000mくらい?)まで行ってけど高山病で頭痛かったって言ってたね。
おいしい食べ物があったら紹介してね。写真付でね。

HAさんへ

カトマンドゥのあたりは、カトマンドゥ盆地というみたいです。
日差しは結構強烈!
ヒルはほんとにきしょい~~
黒い小さい種類と、茶色いでかい種類がいるようで、
僕は小さい方のヒルがくっついてました。。。。
ほんとに血が止まらなくなるので、びっくり。。
ネパール食はダルバート以外はあんまり見かけなかった。
ネパールはあんまり食にこだわりがないみたい・・・
チーン。。。
全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示