#39 インドへ陸路国境越え計画

 
ネパールのポカラの町に戻り、レスト。

これからのインド陸路国境越えの準備をした。


ネパールは素敵な国だったなぁ。


ネパール人に教わった


Never Ending Peace And Love = NEPAL


もう一度訪れたい国。




さて、ネパール-インド国境越えは、

数々の難題が立ちふさがっている。


一般的に知られる陸路国境越えルートは3本あるが、

そのうち2本は治安がよくない。

残り1本は治安がよくないとは言わないが、

むしろ通る人が少なくて情報が入らない。


僕らが行くのは、悪名高きスノウリという国境の町から

インドへ陸路で越境し、インドのバラナシを目指すルート。

この旅の中でも大きな難関。


まず、ネパールから陸路でインドへ入ることを、

長い間悩んだ。


●国境越えのルートは、

 ○ポカラ(ネパール)
   ↓ 所要時間8時間、ローカルバス
 ○スノウリ(国境)
   ↓ 所要時間8時間、ツーリストバス or ローカルバス
 ○バラナシ(インド)

で、バラナシへ着くはず。


ところが、スノウリからバラナシへ行くツーリストバスは、

山賊のターゲットになっており、

バックパッカーのネット情報でも、

誰もが「絶対に乗るな」と言う。


そして、ツーリストバスを目指した旅行者のブログの結末は、

結局偽の高額ツーリストバスチケットをつかまされたあげく、

バラナシ行きの格安ローカルバスに乗せられる。

そして、一旦目をつけられたら、

そのローカルバスには、詐欺強盗が乗り込んできて、

荷物代だとか言って、

さらに万単位の法外な額を要求してくるという、

旅行者に目をつけた詐欺強盗。



結局、どんだけ調べても、バラナシ行きのツーリストバスに

無事に乗れたブログを見つけることはできなかった。


それって、ツーリストバス乗り場にすら辿り着いてないってこと!

つまり、乗り場の場所の地図も手に入らない。。。


たとえツーリストバスに無事に乗れたとしても

バラナシまでに山賊が待ち受けるってわけだ。


で、うちらが詐欺にも強盗にも会わず、

最も安全と思った手段は、

最初からローカル料金でローカルバスに乗り、

小刻みに前へ進む方法。


ローカルのインド人の中に紛れるしかない。


それには、

ネパールからインドへの国境を超えたら、

スノウリで長距離ツーリストバスは探さず、

ローカルバスを探し出して乗り込み、

途中のゴーラクプルという町まで行き、

そこでバラナシ行きの列車に乗り換える。



●スノウリ経由ネパール→インド陸路国境越え計画

 ○ポカラ(ネパール)
   ↓ 所要時間8時間、ローカルバス
 ○バイラワ(ネパール)
   ↓ 所要時間20分、乗り合いジープ
 ○スノウリ(ネパール側)
   ↓ 徒歩で国境越え
 ○スノウリ(インド側)
   ↓ 所要時間3時間、ローカルバス
 ○ゴーラクプル(インド)
   ↓ 所要時間7時間、列車
 ○バラナシ(インド)


という移動方法を決めた。


最短でその日のうちに着くであろう道のりを、

丸2日かけて行くことにした。



何事もおきませんように・・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

すごい、読んでて、飛行機で行って!といいたい、、、でも 十分気をつけて。無事にインドにいけますように!!

No title

くれぐれも気をつけて!
無事到着しましたの記事楽しみにしてるよv-218

某奇妙な冒険より

いよいよインドを横断するわけじゃが

その……
ちょいと心配なんじゃ……

わしは実はインドという国は初めてなんだ

インドという国は
こじきとか泥棒ばかりいて
カレーばかり食べていて
熱病かなんかにすぐにもかかりそう
なイメージがある

ケアンズゆみさんへ

無事インド入国できました~!
正直、スノウリ国境からバスが出発した瞬間、2人の心の中でガッツポーズを取っていました。
飛行機案も考えたけど、このルートの陸路越えは魅力的にも映ったんだよね。
本当に何事もなくて良かったです。

優子へ

ありがとうv-411
無事到着したはしたんだけど、バラナシの宿まではもちろん大変だった。
バラナシ着いたら、道のうんこe-283が大変だった。

ジョセフへ

この時を待っていたんだな・・・
ずいぶん待たせたな。。。
存分にインド記事を楽しんでくれv-364

Re: ジョセフへ

ホントはシンガポールで一ネタあったんじゃが、
気づいた時にはすでにネパールだったんじゃ……

「バクシーシ(お恵み)攻撃」に気をつけて

いや、楽しんで…かな(笑)

ジョセフへ

過ぎた記事にコメントしてくれてもいいんだよ(振り)
全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示