スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#40 バラナシへの道、陸路国境越え

 
移動当日、

ポカラの宿を朝7時に出て、

タクシーでポカラのシティバスパークへ向かう。

ポカラから出る長距離バスは、乗り心地、見た目共、

カトマンドゥからポカラへ来たバスに比べてだいぶ見劣りする。

P1060006_360.jpg


大きな荷物はバスの屋根に乗せられ、ロープで固定。

バスは各町に停車しながら、

8時間かけて、国境の手前の町バイラワを目指す。


バスのスタッフの少年は、町を通り抜けるたびに、

「バイラワバイラワバイラワ!!」と行き先を叫びながら、

ネパール人の客をつかまえていく。

IMG_4220_360.jpg



8時間乗車して、バイラワへ到着。

この日はこの町に宿泊。



翌朝、隣の国境の町、4km先のスノウリまで

乗り合いジープに乗る。

ジープの中を覗くと、

隙間のないくらいに人間が詰め込まれている。

仕方なく、荷物と一緒に屋根に乗りたいというと、

乗せてくれた。 




nepal_2_380.jpg 



荷台に乗るよりかはずっといいが、

道路の砂埃がハンパないので、

顔にバンダナ巻いて避ける。


スノウリについたら、いよいよ国境越え



あれっ! そういえば、ポカラを出てから、

一度も外国人を見ていない。

よって、でかい荷物を持って国境を歩いている

外国人ツーリストは僕らだけ


悪評がうわさを呼んで、

既に旅行者は通らないルートになっているのか。


歩いていくと、小さなネパールイミグレを左手に発見!

ここで一旦レスト


ここはオープンボーダーで、インド人とネパール人は、

ノーチェックで歩いて行き来している。

わずか数十m歩いても、わんさかインド人やネパール人の

客引きは詰め寄ってくる。

ツーリストバスの客引きや乗り合いジープ、リキシャの客引きだ。

そのうち誰が本物で誰が偽者なのかを見分けるのはムリ。

しかも外国人が僕らだけでは、目立ってしょうがない。

インド入国後、すぐにローカルバスを見つけられるかが、勝負。


ネパールイミグレで出国手続きをして、充分レストし、

これからの手順をふたりで確認した後、

イザ、インド側へ

(あ~ネパール1週間の滞在、楽しかった!さらばネパール


- - - - -



足早に、まずインドのイミグレを探す。

ほどなく商店の中に混じって、

小さなイミグレオフィスを左手に発見。

P1060043_360.jpg 


ホッとして、入国手続きをすると、


「ひとり100ルピー必要だ」 

とイミグレ係員。


なに! インドの入国に100ルピー(約160円)

かかるなんて、ノーチェックだったぞ!


強盗と詐欺にばかり気を取られて、

入国に金が必要なのかどうかをチェックしてなかった。


いや、そんなの聞いたことない! これ賄賂の要求だろ!


その真意を確かめる術もなく、というかローカルバスが

心配な僕らは、結局100ルピーずつ払って、イミグレを出た。


(やった~!7カ国目入国~・・・)


くそー! インドの出だしがイミグレからして手ごわい!

あー! 今までだったら絶対払わず、やりあう場面だろうに、

完全に頭はローカルバス乗り場を探すことに

集中していて決断が鈍った。


先を急ぐ僕らは、ローカルバスを探す。

その間もいろんな客引きがわんさか声をかけてくる。


ほどなくして、右手に超おんぼろなバスが並んでいるのを発見!

インド人客が乗っている一台のバスの入り口に立ち、

「ゴーラクプル!?」 と叫ぶと、

乗車していたインド人乗客達がみな黙ってうなずく。


これだ! 見つけた


すぐに荷物をバスの運転手の脇において、乗り込んで、

身を潜める。

無事に発車してくれればもう大丈夫だ。

しかし、国境から続く一本道は大渋滞。

バスは停留所から出ることもできない。

その間も開いたままの扉からいろんな客が乗り込んでくる。

どうか強盗に見つかっていませんように。



インド人に交通ルールはないのか!?

とにかく、バス、車、リキシャ、バイクを前に詰める。

当然、合流地点では全く動かなくなるので、

全員がクラクションを鳴らして、叫ぶ。

あちこちで言い争いが始まり、全く収拾が付かない模様。


クラクションの洪水はネパールを超えたな。

東南アジアのクラクションがかわいく思えてくる。

こっちは早く出発したいのに、

サウナ状態のバスでひっそり身を潜めなきゃならない。

30分以上 待って、ようやくバスは道路に出れた。

もうオーケー!!

無事ヤクザ支配の悪名高きスノウリを脱出


P1060048_360.jpg




P1060050_360.jpg 




バスは3時間でゴーラクプルの町のバスターミナルに

着く予定だったが、ゴーラクプルの町に入ってから、

なにやら事故渋滞か?

まったく動かなくなった。



P1060058_360.jpg 



それでも前へ車を詰めるインドは

やっぱり収拾が付かなくなり、クラクションの嵐。


P1060060_360.jpg 



そのまま一時間動かなくなり、少し進んだところで、

客はあきらめて次々降車。

最後までねばって残ったが、客に聞いたら、

列車の駅が近いということだったので、

歩いて駅へ向かうことにした。


ゴーラクプルは、中継のためだったので、

町の地図を持たない僕ら。

ここで足止めはきつい。


- - - - - - - - - - - - -


ほどなくして、駅が見えてきた!


床にも窓口にもインド人で溢れている駅!

インド人は好奇心旺盛!

このでかい駅で、床にまでインド人で溢れる駅で、

外国人はうちらだけ!

それだけで、気づけば全員がこちらを凝視!


もはやそんなことは気にせず、

とにかく列車のチケットが欲しい!


行列の後尾に並び、順番を待っていると、


P1060063_360.jpg 


インド人、しら~っと目の前に横入り!

しばらくすると、またインド人、しら~っと横入り!

見ると、窓口のいろんな場所で、

横入りとそれをとがめる客との間で言い争い。

窓口付近は常にやんややんやの大騒ぎ!



そこへ、棒を持った駅の警備(警官?)が笛を鳴らしながら突進し、

棒を振り上げながら力づくで指導!


ようやく窓口が自分の番になった。

行き先を告げるも、メモに列車の行き先・時間を書いてみるも、

英語がわからない・読めないらしく、

というか、外国人の相手はおれにはムリ! っていう顔で

向かいの窓口へ行けと言われる。

しかたなく、向かいの窓口の行列にまた並ぶ。、

そして、自分の順番が回ってくると、

やはり英語もムリ。 外国人もムリ。

って感じで、次の窓口に並ばされる。


4回並んで、もうおれ半ギレ!

外国人に切符売る気ねぇじゃねぇか!



ゴーラクプルで1泊とか、

足止めはいろんな意味できついので、

使いたくない最後の手段・・・


それは・・・

旅行代理店の窓口で列車の切符を購入した。

バラナシまで102ルピーの切符を、

手数料込みで350ルピー。。。 くそっ。


ようやく深夜発の切符を手に入れ、

ついにゴーラクプル脱出。

翌朝のバラナシを目指す。



P1060073_360.jpg 



スノウリからのネパール-インド陸路国境越え・・・

Ⅰ Never Do It Again !! = INDIA
(もう2度とやるもんか!!)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。