スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#44 インド横断!~(インド)

 
さぁインド横断


僕らの移動ルートは、

ネパールから国境の町スノウリを通り、

南下してゴーラクプルの町を経由してバラナシへ。

そして2週間かけて、列車で西へ。西へ。


 ●スノウリ Snauli (国境)
  ↓     バス 4時間
 ●ゴーラクプル Gorakhpur
  ↓     列車 9.5時間
 ●バラナシ Varanasi
  ↓     列車 12時間
 ●アーグラー Agra
  ↓     列車 4時間
 ●ジャイプル Jaipur
  ↓     列車 6時間
 ●ジョードプル Jodhpur
  ↓      列車 6時間
 ●ジャイサルメール Jaisalmer
  ↓


インドの鉄道は、インド人にも人気が高い。

決して快適とは言えないので、なぜいつも混雑しているのか

わからないが、とにかくインド人がたくさん乗っている。


窓には、窓からの乗車を防止するため、鉄格子がはめられている。


IMG_4248_360.jpg


列車の多くは、夜間も走るので、寝台車が必ずあり、

町から町への移動は、深夜列車の寝台となる。



席のクラスが割りと細分化されていて、

 ●ファン(扇風機)・シート席

 ●ファン(扇風機)・寝台

 ●エアコン・寝台(3段)3等

 ●エアコン・寝台(2段)2等

 ●エアコン・シート席

 ●1等 など。


エアコンがガンガンきついので、僕らはいつも

ファン・寝台(Sleeper Class)を選んでる。

このクラスはベッドが3段。

日中は上段と下段だけが座れるようになっていて、

中段は、背もたれになっている。

寝る時間(まちまち)になると、

自分達で、背もたれを起こして中段のベッドにする。

P1060082_360.jpg



ベッドというよりは、ただの棚と言った方が近い。

ファンなので、窓はいつも全開の事が多いので

砂が飛んできたり、

停車時には、蚊や虫が入ってきたりで、

快適と言うには・・・ちょっとほど遠い。




このファンの寝台車、大きな駅へ向かう時、

全席指定のはずが、気づけばなんだかインド人の数が多い。

6人+2人の8人コーナーで、気づけば19人。


ちょっと・・・  切符買ってないでしょ、あなた達・・・


P1070226_360.jpg 


駅に改札がない為、誰でも列車への出入りが自由。

時々車掌が切符を確認しにくるが、来るタイミングを知ってるんだな。

来る頃には、みんな降車してる。



ゴーラクプルの町では切符の購入にかなり苦戦、

というか完全にめげたが、

アーグラー、ジャイプルなどは町が大きく、

英語が通じるスタッフの外国人窓口があるので、

横断のための列車のチケットを購入することができた。

横断してもわずか二人で3000円足らずなのだから安い。







そして、

★アーグラー Agra


歓喜の舞

IMG_4438_360.jpg 




IMG_4518_360.jpg



タージマハル

IMG_4574_360.jpg 

美しい・・・





IMG_4612_360.jpg 








★ジャイプル Jaipur

砂漠の州ラージャースターンの州都。

町の名はジャイプル、別名ピンクシティ。

見所は、シティパレスや、ジャンタル・マンタル(天文台)

興味がある人は調べて。


ジャンタル・マンタル(天文台)

IMG_4719_360.jpg 






IMG_4721_360.jpg 




アルベール城

IMG_4749_360.jpg 




風の宮殿


IMG_4796_360.jpg 








★ジョードプル Jodhpur

別名:ブルーシティ


メヘラーンガル砦

IMG_4896_360.jpg 






IMG_4897_360.jpg 



メヘラーンガル砦からのブルーシティの眺め・・・

この風景にはあこがれてた。

ブルーシティ 、感動・・・


IMG_4881_360.jpg 




夜、城を眺めながら、宿のはからいで無料ヨガ教室。

一番右端にいます。

IMG_4932_360.jpg 




そしてさらに西へ旅する2人。




★ジャイサルメール Jaisalmer

砂漠の入り口

別名ゴールデン・シティ


IMG_4960_360.jpg 




IMG_4962_360.jpg 





IMG_5010_360.jpg 





IMG_4964_360.jpg 



城の中の宿に泊る。

城の中は車が走らないから、とても静か。

夕日に染まる城を、城から眺める。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

全記事・一覧
記事メニュー

━━↓↓出発前↓↓━━
■世界一周計画 (5)
 ┣●旅について (1)
 ┣●世界一周について (1)
 ┣●ルートと行き先 (1)
 ┗●期間と予算 (2)
■準備編 (5)
 ┣●会社を退職 (1)
 ┣●やる事 (2)
 ┗●持ち物 (2)
■出発直前日記 (4)

━━↓↓出発後↓↓━━
■プロローグ (1)
■[第一部] 東南アジア (35)
 ┣●タイ (3)
 ┣●ラオス (6)
 ┣●とあるビーチ (6)
 ┣●タイ(再) (7)
 ┣●カンボジア (6)
 ┗●マレー半島縦断 (7)
■[第二部] 南アジア (12)
 ┣●ネパール (3)
 ┗●インド (9)
■[第三部] ヨーロッパ (28)
 ┣●トルコ (7)
 ┣●ギリシャ (9)
 ┣●イタリア (6)
 ┗●スペイン (6)
■[第四部] アフリカ (25)
 ┣●モロッコ (3)
 ┣●エジプト (4)
 ┣●ケニア (4)
 ┣●マダガスカル (8)
 ┗●ナミビア・南アフリカ (6)
■[第五部] 南米 (14)
 ┣●ブラジル (2)
 ┣●アルゼンチン・チリ (5)
 ┣●ボリビア (3)
 ┗●ペルー・エクアドル (4)
■[第六部] 中米・北米 (10)
 ┣●メキシコ (4)
 ┗●アメリカ (7)
■[第七部] オセアニア (9)
 ┣●ニュージーランド (3)
 ┣●バヌアツ共和国 (4)
 ┗●オーストラリア (2)
■エピローグ (1)
★旅のコラム (4)
 ┣●旅するあなたへ (1)
 ┣●おれたちは東洋人 (1)
 ┣●旅に出るあなたへ (1)
 ┗●想像を飛び超える日 (1)
★旅中の“なう”集 (12)

━━↓↓帰国後↓↓━━
■Special Thanks To (1)
■旅の振り返り (10)
 ┣●ルートのおさらい (1)
 ┣●お会計 (2)
 ┣●トラブル集 (3)
 ┣●回想エピソード集 (2)
 ┗●撮影動画集 (2)
■トピックス (24)
 ┣●絶景ランキング/10選 (4)
 ┣●地球を旅する 移動編 (2)
 ┣●世界を旅する仲間達 (2)
 ┣●GPSの軌跡と旅する (1)
 ┣●映画と旅する (1)
 ┣●スケッチと旅する (1)
 ┣●世界のビール (1)
 ┣●世界の飯 (6)
 ┣●世界の紙幣 (1)
 ┣●君の宗教は何だ? (1)
 ┣●世界の言語と公用語 (1)
 ┣●世界の人種とルーツ (1)
 ┗●ムービー作りました (2)
■これからの僕ら (1)
 ┗●行きたいところ (1)
■この一年半で感じたこと (5)
 ┣●旅の余韻はなかった (1)
 ┣●旅に出た3つの理由 (1)
 ┣●得たこと (2)
 ┗●僕たちの『旅』 (1)
■エンディング (1)
 ┗●New Adventure (1)
■あとがき (1)
 ┗●そして、新たな… (1)

★発表の場 (1)

 ┗●世界一周写真展 (1)


  ※( ) は記事数
記事更新履歴
月別記事・一覧
始めからぜーんぶ読みたい人は
こちらがおすすめ!
(日付の古い順に表示)
おすすめ記事・一覧
【反響が大きかった記事】
【好きな記事】
【絶景記事】
【よく検索される記事】
【アクセスの多い記事】
 などのおすすめ記事を
 ピックアップ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2人の世界一周ルート
2011年6月 出発
2012年5月 帰国

※地図をクリックすると大きく表示されます。
IMG_3310__380.jpg
Twitter...
[掲示板] ご意見・ご感想
ご意見・ご感想などどうぞ
Comments<>+-
Trackback <> + -
世界一周ダイジェストムービー
ブログ・プロフィール
「300日間 世界一周
(Around the World in 300 Days)」

著者: TAKAO & AKI

TAKAO & AKI

  
いまだ地に足が着いていない
30代バックパッカー(夫)と、
南国志向の元ダイビングインストラクター(妻)。
夫は12年間エンジニアとして
勤めた会社を辞め、
列車・バス・徒歩・船・飛行機を乗りついで、
300日間(+延長)、夫婦で
世界30カ国を旅したお話。

*ブログ開設
 2011年3月31日
*旅の期間
 2011年6月~2012年5月

ふたりの連絡先
連絡先が分からない方は下記の専用フォームから送ってください。
世界を旅する仲間達
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。